ニュース
» 2019年08月18日 10時30分 公開

海外のバルーンデストロイヤーが風船を延々と割る動画が気持ちいい 人類には早すぎる謎装置を次々と繰り出す

「頭にサボテン乗せて割る」が個人的にツボ。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 風船を延々と割り続けるだけの謎動画が気持ちいいと話題です。風船を割るのはノルウェーのビジュアルアーティスト兼“バルーンデストロイヤー”のJan Hakon Erichsenさん。人類には早すぎる個性的な手法で、平均すると2秒に3個ほどのペースで割りまくります。

 Janさんが考え出した謎装置で、次々と風船が割られていきます。大量のナイフをくくりつけた枠を落としたり、イスにナイフをくくりつけたり、シャベルが落ちてきたり、頭にサボテンを乗せたりと、常人の思考回路では実行不可能な手法が次々と繰り広げられます。

大量のナイフで風船を割る様子 大量のナイフを落としてバーン

謎装置で風船を割る様子 謎装置でバーン

箱の中から鎌を振って風船を割る 箱に入って手探りで割る

大きい段ボールに入って箱を割る 前が見えないようで、手探りで割る

脚立で割る ナイフを取り付けた脚立でバーン

シャベルが落ちてくる謎装置 ヒモを引くとシャベルが回転

大量のナイフで割る ええーい いっぺんに割ってしまえ

顔につけた謎装置で割る 謎装置を装着

折りたたみいすで割る ナイフを取り付けた折りたたみイスで

謎装置で割る グルグル回すと風船が割れる謎装置

ビニールをまとって背中で割る なぜか、ビニールにグルグル巻き

銀色の箱の上に風船箱からナイフが突き出ている 箱からナイフが突き出てきてバーン

頭につけたケースからナイフが落ちてくる 頭からナイフがズバババーン

頭につけたサボテンで割る 頭にサボテンを乗せてバーン

 動画では全部で49通りのやり方で風船を割っています。JanさんはInstagramに動画を投稿しており、YouTubeの動画はこれらをまとめたもの。Instagramのフォロワーは43万人。バナナで鼻をつまむ写真など、個性が際立つ投稿が並んでいます。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.