ニュース
» 2019年08月18日 13時00分 公開

人気コスプレイヤー・えなこさんを囲む人の輪が巨大すぎてもはやドーナツ化現象 コミケ風物詩“えなこウォール”のインパクトがすごい

これがえなこウォールか……。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 コミックマーケット96(8月9日〜12日)に登場した人気コスプレイヤー・えなこ(@enako_cos)さんを囲む輪の巨大化が著しいとして話題です。これが囲み撮影のドーナツ化現象か。


囲み撮影のドーナッツ化現象 画像提供:だよね(@dayonesoudayone)さん



囲み撮影のドーナッツ化現象 画像提供:えなこ(@enako_cos)さん

 「Re:ゼロから始める異世界生活」のレムに扮(ふん)して夏コミ参加したえなこさん。その囲み撮影は目算で半径7〜10メートルほどの円を形成しており、望遠レンズ無しではまともに撮影すらできない状態です。

 コミケでのえなこさんの囲みは、巨大化が年々風物詩と化してきており、「えなこウォール」との異名も。カメラを構える面々は、まるでバズーカを抱えた軍隊のように整った陣形で、一種の美しさすら感じます。


囲み撮影のドーナッツ化現象 画像提供:えなこ(@enako_cos)さん

囲み撮影のドーナッツ化現象 画像提供:えなこ(@enako_cos)さん

 えなこさんの囲み撮影の様子をTwitterに投稿し「囲みという枠を超えて、もはやギネス記録に認定されるような別の何かな気さえする」と評したのは、カメラマンのだよね(@dayonesoudayone)さん。

 だよねさんにると、「囲みはだいたい狭くなってしまうので、レイヤーさんの側で意図して広げないとなかなか広がらないと思います」とのこと。

 えなこさんの場合はコスプレ広場に行く際には、事前にコミケ側のスタッフ、防災公園の側のスタッフと打ち合わせの上、囲みを作るファンと協力の元、安全で円滑な囲み撮影をしているそうです。コミケではしばしば至近距離での撮影が問題視されたりしますが、大人数にもかかわらず撮影がスムーズに行えているのは、そうした連携があってのものだったのですね。

 だよねさんのツイートには「ズームレンズを持ってないと土俵にすら立てなさそうですね」「#えなこりんぐ と名づけよう」「このくらいだと、150-600mmとか必要ですかね?」といったリプライが寄せられ、大きな反響を生んでいます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.