ニュース
» 2019年08月18日 13時45分 公開

「光がエスカレーターを降りてる!」と叫ぶ息子 感受性豊かな視点の動画、投稿2日で257万再生たたき出す

ステキな表現に注目が集まっています。

[Kikka,ねとらぼ]

 「光がエスカレーターを降りてる!」――息子が見つけた光のイタズラがTwitterで注目を集めています。これは良い表現……!

 話題のツイートを行ったのは、編集記者の枕井仗二さん(@Dad_McFly)さん。「『光がエスカレーターを降りてる!』と息子が叫んでたので何かと思って見にきたらこれだった」と約6秒の動画を投稿したところ、投稿から2日で257万4000回以上再生されたほか、15万5000件以上の“いいね”が寄せられています。

 肝心の動画の内容はというと、誰も乗っていないエスカレーターに外から差し込んできた光が当たっているというもの。上方向へ動いているエスカレーターに、一定の場所から光が差すことによって、光がエスカレーターを駆け下りているかのような錯覚を生み出しています。


エスカレーター 光が遊ぶエスカレーター

エスカレーター 光がエスカレーターを降りる瞬間

 このツイートには「子供の感性の素晴らしさ!」「光の速さでエスカレーターを下りてると」「とても良いものを見せて頂きました。感受性が豊かですね。きれいです」との声や「良い表現できてるなぁ」「表現力が素晴らしいですね」と息子さんの感性を称賛する声があがっています。

 またこの光のイタズラについては「多分エスカレーターのこの曲がり方がないと『ストン』感が出ないでしょうね」と、現象が起こるメカニズムはエスカレーターの段の付き方にあるのでは、という説も寄せられており、このリプライにも1500件以上の“いいね”が寄せられています。

 ちなみに枕井さんは5月にも、マスキングテープを使って「超能力バトルごっこ」さながらの遊びができる「壁ズン」を子どもたちと遊ぶ様子を投稿して話題になった他、息子と力を合わせて作ったという「21世紀のいろは四十五文字(完全パングラム)」もTwitterへと投稿しており、こちらも多くの“いいね”を集めています。


エスカレーター マスキングテープを使った「壁ズン」

エスカレーター 息子さんと共作した「21世紀のいろは四十五文字(完全パングラム)

画像提供:枕井仗二さん(@Dad_McFly)さん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.