モラハラ、DV、性的圧力、経済的圧力、クルマに乗れば煽り運転 ヤバイ要素全部盛りの夫と離婚する方法「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

夫は、自分のところから出て行けるはずがないと思っている!

» 2019年08月19日 09時57分 公開
[北村ヂンねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは8月14日(水)放送のドリアン助川パーソナリティー回。モラハラやDVなど、ひどい行動を繰り返す夫と離婚したいという妻からの相談。


テレフォン人生相談 パーソナリティ:加藤諦三(評論家)、今井通子(作家・登山家)、ドリアン助川(作家・ミュージシャン)、柴田理恵(女優・タレント) イラスト/北村ヂン

ヤバイ要素、全部盛りの夫と別れたい

 相談者は50歳女性。夫も50歳。子どもは3人おり、長男が25歳、長女23歳、次男21歳。子どもたちは既に家を出ており、現在は夫とのふたり暮らしとなっている。

 離婚を考えているという相談者だが、理由を訪ねると次々と夫のひどい行動が飛び出してくる。言葉の圧力……いわゆるモラハラ。性的圧力(おそらく性行為を強要されている)。さらに暴力。

 子どもたちがいたときは、それでも我慢していたものの、その子どもたちも独立した。

 「去年くらいに、暴力が元で家を出たんですね。そのときに、シェルターに入る入らないのところまで行ってたんですけど……」

 ここでいう「シェルター」とは、暴力を振るう配偶者や保護者から、被害者を一時的に隔離するための施設「DVシェルター」のこと。

 家を出た相談者は、弁護士を間に入れて離婚への話し合いをしようとしたのだが、夫は完全拒否。シェルターに入る勇気もなく、結局「もう暴力だけはやめて」ということで家に戻ってしまったという。

 「家に戻って半年ぐらいしたら、今度はお金がもらえなくなったんです」

 生活費としてのまとまったお金がもらえず、必要な分を請求すると、その分だけ渡されるというシステムに。

 モラハラ、性的圧力、DVに続いて経済的圧力! ヤバイ夫要素、全部盛りだ。

 さらに、この夫のヤバさは妻である相談者だけではなく、他人に向けられることもあるのだという。

 クルマを運転していて、他のクルマに追い抜かれるとブチ切れ、執拗に追い回して抜き返す

 会社を経営しているということで、気に入らない社員は徹底的に潰す。インフルエンザで休んだ社員に対し、「予防接種のお金を払ってるのに休むのはおかしい」と欠勤扱いにする。

 離婚どうこう以前の問題として、こんな行動を繰り返していたら、何か大きな事件に発展しかねない……。やっぱりヤバ過ぎる夫だ。

モラハラタイプはますますつけ込んでくる

 この日のアドバイザーは弁護士の大迫恵美子。まず、「今のアナタを助けてくれる人はいますか?」と問いかける。

 「親ももう年取ってきて、病気抱えていて……というのはあるけど、話は聞いてくれる」

 「話を聞いてくれるだけでは足らないです。アナタが逃げ込んだ時にね。盾になってくれる人」

 親もそこまでは助けてくれそうにないし、子どもたちも「お母さんがハッキリ言わないから悪い」というスタンスだという。年老いた親はともかくとして、子どもたちは母親がDVを受けている現場も見てきただろうに……。意外と子どもにはいい顔をする父親だったのだろうか?

 「20何年間も結婚生活を続けてきた方の離婚の問題で一番難しいのは本人なんですよ。本人が何度も戻ってしまう」

 長年、モラハラやDVを受け続けてきたせいで、自信や自尊心が非常に低くなってしまっているため、自分で自分を守ることができなくなってしまっている。そして、モラハラ・タイプの男は、そういうタイプの人にはますますつけ込んでくるのだ。

 「だから、離婚することがいいことなのかどうか、自信がないから相談してるでしょ?」

 「うん……うん……(涙声)」


テレフォン人生相談 モラハラ夫によって自信を潰されてしまった相談者、辛すぎる! イラスト/北村ヂン

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news161.jpg 24歳人気女優、愛車の大型バイク&金髪ショットを番組で紹介 共演者驚き「街で会っても分からない」
  2. /nl/articles/2405/29/news024.jpg でっかいヤゴを育ててみたら…… とんでもないトンボの誕生に「ただただ感動」「滅多に見られない、生命の神秘!」と100万再生突破
  3. /nl/articles/2405/30/news021.jpg 1歳双子、退院した姉が妹と再会する“瞬間”が551万再生 思わず涙こぼれる様子に「何回でも見ちゃう」「かわいすぎる!」
  4. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  5. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  6. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  7. /nl/articles/2405/30/news034.jpg みなとみらいに出没した不穏な影に騒然、“ミラッシー”ではないか 「シーバスにしてはデカい」「なにこれ!?」と推測集める
  8. /nl/articles/2405/30/news065.jpg こ、これは! 実物サイズの戦闘車両プラモを作った人のお宅が厳重すぎて二度見必至「ツッコミどころ満載」
  9. /nl/articles/2405/30/news153.jpg ぴっちりニットの伊織もえ「前通っていい?」→「前通れないだろこれ」 破壊力抜群のショットにファンざわざわ「2度見しちゃう」
  10. /nl/articles/2402/06/news112.jpg 伊織もえ、バニーガール写真に“疑惑”「見えるヤツって」→まさかの答えにファン騒然「拡大しました」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評