ニュース
» 2019年08月20日 15時06分 公開

香港デモ、中国がSNS使い情報操作していた疑い TwitterとFacebookが情報開示

Twitterでは、情報操作に用いられたとみられる936件のアカウントが停止。Facebookでも複数のページやグループが削除されました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「逃亡犯罪人条例等改正案」を巡って香港で6月から続いている抗議活動について、中国がSNSで情報操作を行っていた疑いがあるとして、TwitterFacebookが情報を開示しています。


Twitter 情報操作に用いられたTwitterアカウントの一例。抗議活動を暴力だとして、非難するような投稿をしている(Twitter公式ブログより)

 Twitterは、ある936件のアカウントを情報操作に用いられたものと認識。これらは抗議活動の正当性と政治的地位を損なうような情報を投稿し、香港に政治的不和をもたらす試みを意図的に行っていたといいます。

 中国ではTwitterがブロックされていますが、当該アカウントのほとんどは中国からVPN(仮想専用線)を介して制限を回避し、Twitterにアクセスしていたとのこと。同社はこれらが「国家の支援を受けた組織的な工作である」証拠があるとしたうえで、凍結の措置をとっています。

 Facebookでは、7件のページと3件のグループ、5件のアカウントを削除。これらもニュース組織などを装い、デモを批判するような投稿を行っていたとのことです。


ALT Facebookでの投稿例。抗議活動をテロと同一視している(Facebookの発表より)

 Facebookは、こうしたページやアカウントの背後にいる人物を調査した結果、中国政府関係者とのつながりを発見したとのこと。分析結果を法執行機関と共有し、引き続き監視を続けると述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.