レビュー
» 2019年08月21日 11時20分 公開

ドラマ「ハイロー ザ・ワースト」村山(山田裕貴)の名言炸裂5話! 「ボスとリーダーの違いって知ってる?」(1/2 ページ)

未だはじまらない派閥抗争。このまま映画へのフリで終わってしまうのか?

[北村ヂン,ねとらぼ]

 LDH JAPAN会長・HIRO総合プロデュースによるエンターテインメントプロジェクト「HiGH&LOW」のドラマ「HiGH&LOW THE WORST EPISODE.0」(日本テレビ・木曜0:59〜)第5話。はじまりそうで、ちーっともはじまらないまま、ドラマの終盤に突入してしまった鬼邪高校全日制の派閥抗争。

 本作は、10月に公開される映画「HiGH&LOW THE WORST」の前日譚という位置づけなので、このまま大してケンカをしないまま「映画へ続く」のパターンじゃないかという予感もしつつあるが……。


HiGHLOW 「HiGH&LOW THE WORST EPISODE.0」は、10月に公開予定の映画「HiGH&LOW THE WORST」の前日譚 イラスト/北村ヂン

オトナ(定時制)と子ども(全日制)

 転校して来た西川泰志(佐藤流司)、横山清史(うえきやサトシ)の一派と、1年生の中越大(神尾楓珠)の一派はケンカ上等な雰囲気だが、肝心のアタマである轟洋介(前田公輝)は、全日制のアタマ争いは眼中になさそうだ。

 泰・清コンビ、轟一派の辻(鈴木昂秀)&芝マン(龍)と同じ「絶望団地」出身という因縁がある高城司(吉野北人)も、転校していった親友・花岡楓士雄(川村壱馬)のことを思いながら、第1話からずーっとたそがれっぱなし。

 おかげで、局地的な争いはあるものの、各派閥入り乱れての大規模な混戦はいつまでたってもはじまらない。

 そんな停滞した空気を動かしたのは、定時制の番長・村山良樹(山田裕貴)だった。

 轟は、自分たちのたまり場・放送室を泰・清一派に荒らされたことにイラつきを見せるものの、泰・清のところではなく、定時制の村山の元に向かう。

 「はやくお前倒さないと面倒くせえこと多いんだわ」

 やはり、轟の見ていたのは全日制のアタマではなく、鬼邪高全体のアタマ。村山さんに負けたままでいるせいで、全日制の有象無象にもなめられる……こんな風に考えているのかもしれない。しかし村山さんは村山さんで、別の方向を向いているようだ。

 「オレに牙向ける前に、ちゃんとやることやってみな。オレたちは鬼邪高っつっても、こう見えて定時のオトナだからダメだけど、キミはれっきとした全日の鬼邪高生なんだから。ここ(頭)で考えるんじゃなくて、鬼邪高らしくこっち(ハート? 拳?)でモノ考えてみてもいいんじゃないの?」

 「THE MOVIE 2」と、今回の村山さん&定時制の動きを見比べると分かるのだが、村山さんたちは九龍グループとの戦いに向けてSWORD協定を結ぶために奔走している最中。高校生(轟)とケンカしている場合じゃないのだ

 そして、「定時のオトナ」と強調しているように、留年が当たり前の定時制の面々は平均23歳。普通に入学して卒業していく全日制(15〜18歳)とは立場が違う。ヤクザとの戦いはオトナたちが引き受けて、子どもたちは校内で……という宣言とも取れる。

 九龍グループとの戦いに全日制が参戦していなかった裏にはこんな事情があったのだ。

 村山さんが20代の成人なのに対して、轟の年齢はおそらく16〜17歳(ビジュアル的に、そんな年齢差があるようには見えないが)。確かに、ヤクザと戦わせるのはしのびない。

 そして、「SEASON 2」で村山さんに挑戦した頃の轟が15〜16歳だったと考えると……カワイ過ぎるぞ!


HiGHLOW 5話の見どころ。村山さんが20代の成人なのに対して、轟の年齢はおそらく16〜17歳 イラスト/北村ヂン

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/27/news056.jpg ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  2. /nl/articles/2206/26/news057.jpg 「これだけでそうとう電気代が下がるはず」 シャープ直伝“エアコンフィルターの掃除方法”がためになる
  3. /nl/articles/2206/27/news105.jpg 原日出子、夫・渡辺裕之さん急逝から2カ月弱の心境明かす 「7月に入ったら ボチボチお仕事も再開できるかな…」
  4. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  5. /nl/articles/2206/27/news110.jpg UTA、11年前に撮影の父・本木雅弘&母&弟のエモい3ショットに反響 「両親最強」「カッコ良すぎる全てが」
  6. /nl/articles/2206/27/news055.jpg 帰宅したら自作のシャア専用ザクがバラバラに壊れていて絶望 「ガンダムにやられた?」と悲しみの声集まる
  7. /nl/articles/2206/26/news006.jpg 「ニコニコ動画ってサイトが次世代のYouTubeになるかも!」インターネット老人が見たツイートがショックすぎると話題に
  8. /nl/articles/2206/24/news038.jpg 元ダンス&ボーカルグループの小湊よつ葉、SODstarデビューの理由 さらけ出した今だから言える「完璧じゃない自分」
  9. /nl/articles/2206/20/news164.jpg 渡辺磨裕美、急逝した父・渡辺裕之さんとの2ショット 英語で決意つづる「私は自信をもって前に進みます」
  10. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」