ニュース
» 2019年08月21日 16時52分 公開

YouTube、ロボットバトル動画を「動物虐待」と誤認して削除

アルゴリズムの誤判定と思われます。

[ねとらぼ]

 YouTubeが、ロボット同士のバトル動画を「動物虐待」として削除したとの報告が投稿者から寄せられています。YouTubeはメディアに対し、誤って削除したとコメントしています。

 YouTubeにロボットバトルの動画を投稿しているJamison Goさんは、YouTubeから動画を削除したという通知を受けたと自身のFacebookで報告。YouTubeからのメッセージでは、「動物を意図的に苦しめたり、強制的に戦わせる動画は認められない」として、闘犬や闘鶏が例に挙げられていたといいます。

 他にも同様の通知を受けた人がいるとの報告が寄せられており、この問題を指摘した技術系YouTubeチャンネルMaker’s Museは「ロボットバトルの動画を投稿している多数の人に影響する広範な問題」とYouTubeに修正を求めています。

YouTubeからのメッセージ(Maker’s Museの動画より)

 YouTubeは米メディアVergeに対し、これら動画の削除は誤りで、ロボットバトル動画を禁止するポリシーはないと語っています。削除された動画は復活しつつあるようです。

Jamison Goさんのロボットバトル動画の1つ(削除されていないもの)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.