深田恭子「ルパンの娘」物語は佳境へ Lの一族と因縁ありそうな不穏な空気とプロポーズの幸せ過ぎる流れで感情が忙しい(1/2 ページ)

「私のことも見てください」岸井ゆきの、あざとい。

» 2019年08月22日 12時35分 公開
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 8月15日に放送された「ルパンの娘」(フジテレビ系)の第6話。ここに来て、元警視総監の孫娘・橋本エミリ(岸井ゆきの)が気になる存在になってきた。エミリと従兄弟の巻栄一(加藤諒)ともども、言動が不穏なのだ。


ルパンの娘 泥棒と刑事の「ロミオとジュリエット」がついにプロポースの局面へ! イラスト/まつもとりえこ

上司に虚偽の報告をした華を逃がす和馬

 三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)にLの一族だと知られてしまった。警察官の和馬と結婚などあり得ないと嘆き悲しむ華。そんなとき、渉(栗原類)が都内の美術館に貸し出された名画に目をつけた。だが、“ブラックマンバ”という国際窃盗団もこの名画を狙っているという。尊(渡部篤郎)は盗みがいがあると気にせず、下見に行くことにする。泥棒一家の娘として生きる決意をした華も同行を申し出た。

 一方、華の正体を知ってしまったことに悩む和馬に、エミリは再び接近。巻のおせっかいで、和馬はエミリとの俳句デートに付き合うことになった。そこでエミリは和馬に「私のことも見てください」とアピールする。

 後日、上層部が「Lの一族を見つけたら殺害しても構わない」と命令を下したと、巻は和馬に伝えた。Lの一族はブラックマンバに盗ませた名画を奪う算段をしており、警察はブラックマンバを泳がせてLの一族を釣り出す計画を練っていた。

 美術館閉館後、ブラックマンバは手荒な方法で名画を奪取。逃げようとしたところに華が現れ、さらに奪い取ることに成功。尊たちの元に戻ろうとする華だが、すでに美術館は警察に包囲されていた。尊の指令で一旦名画を隠し、自らも身を潜める華。尊が用意した緊急脱出ルートに急ごうとしたが、ブラックマンバのメンバーに倒され、華は美術館の一室に囚われた。

 そこに和馬がやって来た。ブラックマンバたちと乱闘になる和馬。傷つきながら敵を倒した和馬は「ブラックマンバは捕まえたがLの一族は取り逃がした」と巻に虚偽の報告をして、そのまま華を逃がした。

 後日、華が勤務する図書館に現れた和馬は、華を守りたいとプロポーズした。

エミリ(岸井ゆきの)猛アプローチに裏アリ?

 華の幼馴染である円城寺輝(大貫勇輔)に海外での仕事(泥棒)が入り、しばしのお別れだ。華が和馬と別れたと知る円城寺は、好意を華に伝えつつ、こう言った。

 「弱っている隙に女性を口説くのは好きじゃないからね」

 プライドの高い円城寺と正反対なのがエミリである。「見ないでください」が口癖の割に、彼女はグイグイ行く。弱る和馬の前で、エミリは俳句を披露した。

 「花が好き されど散りゆく さだめかな」

 明らかなる宣戦布告だ。それにしても、なぜエミリは和馬の彼女が華で、2人の仲が終わりつつあると知っているのだろう? 彼女がいる和馬にだまし討ちのような形でデートをセッティングした巻も不可解である。さらにエミリは和馬に駆け寄って、手前でつまずき、抱きついた。あざとい!

 「見てください 私のことも 見てください」

 和馬の彼女は華。つまり、容姿は深田恭子である。それを知った時点で勝てる気がしなくなると思うのだが、エミリはガンガン行く。自信があるのか? いや。エミリはある者と連絡を取り、こんなことを言っていた。

 「しっかりやります、必ず。私は私の仕事を

 Lの一族への逮捕指令が下ったと和馬に告げた巻。

 「もしLの一族を見つけたら……殺しても構わない」

 「そこまでLの一族は悪い連中じゃない」と抗議の声が上がったことからもわかる通り、彼らが義賊ということは警察も把握している。なのに、なぜそんなに目の敵にするのか? ブラックマンバよりLの一族の逮捕を重要視しているのも解せない。

 第5話で巻は女泥棒・双葉美羽(田中みな実)にだまされた。巻の素性を知る美羽は、彼の祖父が元警視総監の巻栄輔だと明かしている。あれは、伏線だったのではないか? ここに来て巻の祖父の名前を周知させる必要性。つまり、巻とエミリの“一族”と、華の“Lの一族”による因縁を匂わせている。

 華との関係に悩む和馬は、父の典和(信太昌之)に相談した。典和が授けたのはこんな助言だ。

 「ウソの奥に秘めているものが何なのか。そこまで見抜くのが、本物の刑事だろうな」

 華のウソの裏には、義賊として生きる三雲家の真実があった。そして、和馬にアプローチするエミリの裏にも、何か真実が隠されている気がする。


ルパンの娘 もう一度、対立関係、人間関係を確認 イラスト/まつもとりえこ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news019.jpg 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  3. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  4. /nl/articles/2405/27/news066.jpg パンイベント中止で被害200万円以上も 出店者「本当に悔しい」「破棄せざるをえない」と強い憤り
  5. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  6. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
  7. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  8. /nl/articles/2405/26/news006.jpg 【今日の計算】「81÷9+31」を計算せよ
  9. /nl/articles/2405/27/news030.jpg 大型ワンコが必死で隠す「最愛の小さな友」 190万再生の友情に「なんて優しい組み合わせ」「心から信頼して甘えてる」
  10. /nl/articles/2405/23/news120.jpg 坊主頭を1年伸ばしたら……  “別人レベルの変化”に530万再生 「たった1年でこんなにも変わるんだ」【伊】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評