レビュー
» 2019年08月22日 12時35分 公開

深田恭子「ルパンの娘」物語は佳境へ Lの一族と因縁ありそうな不穏な空気とプロポーズの幸せ過ぎる流れで感情が忙しい (1/2)

「私のことも見てください」岸井ゆきの、あざとい。

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]

 8月15日に放送された「ルパンの娘」(フジテレビ系)の第6話。ここに来て、元警視総監の孫娘・橋本エミリ(岸井ゆきの)が気になる存在になってきた。エミリと従兄弟の巻栄一(加藤諒)ともども、言動が不穏なのだ。


ルパンの娘 泥棒と刑事の「ロミオとジュリエット」がついにプロポースの局面へ! イラスト/まつもとりえこ

上司に虚偽の報告をした華を逃がす和馬

 三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)にLの一族だと知られてしまった。警察官の和馬と結婚などあり得ないと嘆き悲しむ華。そんなとき、渉(栗原類)が都内の美術館に貸し出された名画に目をつけた。だが、“ブラックマンバ”という国際窃盗団もこの名画を狙っているという。尊(渡部篤郎)は盗みがいがあると気にせず、下見に行くことにする。泥棒一家の娘として生きる決意をした華も同行を申し出た。

 一方、華の正体を知ってしまったことに悩む和馬に、エミリは再び接近。巻のおせっかいで、和馬はエミリとの俳句デートに付き合うことになった。そこでエミリは和馬に「私のことも見てください」とアピールする。

 後日、上層部が「Lの一族を見つけたら殺害しても構わない」と命令を下したと、巻は和馬に伝えた。Lの一族はブラックマンバに盗ませた名画を奪う算段をしており、警察はブラックマンバを泳がせてLの一族を釣り出す計画を練っていた。

 美術館閉館後、ブラックマンバは手荒な方法で名画を奪取。逃げようとしたところに華が現れ、さらに奪い取ることに成功。尊たちの元に戻ろうとする華だが、すでに美術館は警察に包囲されていた。尊の指令で一旦名画を隠し、自らも身を潜める華。尊が用意した緊急脱出ルートに急ごうとしたが、ブラックマンバのメンバーに倒され、華は美術館の一室に囚われた。

 そこに和馬がやって来た。ブラックマンバたちと乱闘になる和馬。傷つきながら敵を倒した和馬は「ブラックマンバは捕まえたがLの一族は取り逃がした」と巻に虚偽の報告をして、そのまま華を逃がした。

 後日、華が勤務する図書館に現れた和馬は、華を守りたいとプロポーズした。

エミリ(岸井ゆきの)猛アプローチに裏アリ?

 華の幼馴染である円城寺輝(大貫勇輔)に海外での仕事(泥棒)が入り、しばしのお別れだ。華が和馬と別れたと知る円城寺は、好意を華に伝えつつ、こう言った。

 「弱っている隙に女性を口説くのは好きじゃないからね」

 プライドの高い円城寺と正反対なのがエミリである。「見ないでください」が口癖の割に、彼女はグイグイ行く。弱る和馬の前で、エミリは俳句を披露した。

 「花が好き されど散りゆく さだめかな」

 明らかなる宣戦布告だ。それにしても、なぜエミリは和馬の彼女が華で、2人の仲が終わりつつあると知っているのだろう? 彼女がいる和馬にだまし討ちのような形でデートをセッティングした巻も不可解である。さらにエミリは和馬に駆け寄って、手前でつまずき、抱きついた。あざとい!

 「見てください 私のことも 見てください」

 和馬の彼女は華。つまり、容姿は深田恭子である。それを知った時点で勝てる気がしなくなると思うのだが、エミリはガンガン行く。自信があるのか? いや。エミリはある者と連絡を取り、こんなことを言っていた。

 「しっかりやります、必ず。私は私の仕事を

 Lの一族への逮捕指令が下ったと和馬に告げた巻。

 「もしLの一族を見つけたら……殺しても構わない」

 「そこまでLの一族は悪い連中じゃない」と抗議の声が上がったことからもわかる通り、彼らが義賊ということは警察も把握している。なのに、なぜそんなに目の敵にするのか? ブラックマンバよりLの一族の逮捕を重要視しているのも解せない。

 第5話で巻は女泥棒・双葉美羽(田中みな実)にだまされた。巻の素性を知る美羽は、彼の祖父が元警視総監の巻栄輔だと明かしている。あれは、伏線だったのではないか? ここに来て巻の祖父の名前を周知させる必要性。つまり、巻とエミリの“一族”と、華の“Lの一族”による因縁を匂わせている。

 華との関係に悩む和馬は、父の典和(信太昌之)に相談した。典和が授けたのはこんな助言だ。

 「ウソの奥に秘めているものが何なのか。そこまで見抜くのが、本物の刑事だろうな」

 華のウソの裏には、義賊として生きる三雲家の真実があった。そして、和馬にアプローチするエミリの裏にも、何か真実が隠されている気がする。


ルパンの娘 もう一度、対立関係、人間関係を確認 イラスト/まつもとりえこ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.