ニュース
» 2019年08月22日 13時35分 公開

「今のカルピスは飲んだあと白い塊が残らない」と話題に → 実は2002年から改良されていた

昔は一部で「カルタン」などと呼ばれ、擬人化されていたものです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 昔のカルピスは、飲むと口の中に白い塊ができたものだが、今は改良されていて塊が残らない――。そんなツイートに「言われてみれば」と感心する声が寄せられ、話題を呼んでいます。


カルピス

 確かに、白い塊は20年ほど前にネットの一部で“あるある”として語られ、「カルタン」として擬人化されたこともありました。しかし話題のツイートにあるように、最近はカルピスののどごしに異物感を覚えることがなくなったように思います。

 そこで編集部は、アサヒグループホールディングスを取材しました。白い塊について改良があったのか確認すると、「昔と比べるとできにくくなっている」との回答。なお、改良されたのは2002年と、意外にも十数年も前のことだったそうです。


歴史 公式の「カルピスの歴史」ページ。カルピスウォーター誕生から約10年後、地味に大きな改良がなされていたことになる

 そもそも白い塊は、カルピスに含まれるタンパク質「カゼイン」と、唾液の成分の1つ「ムチン」が反応してできるもの。身体に悪い影響はなく、胃で消化されるそうです。それでも一部の消費者から「塊が気になる」と意見があったため、大豆由来の「大豆多糖類」を加え、ムチンとの反応が起こりにくくなるようにしたそうです。

 ただし、唾液の成分には個人差があるため、現在のカルピスでも、人によっては塊ができる場合もあるとのこと。なお、俗称の「カルタン」に対し、白い塊に正式名称はあるのか確認したところ、「特にない」との回答でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた