ニュース
» 2019年08月22日 13時35分 公開

「今のカルピスは飲んだあと白い塊が残らない」と話題に → 実は2002年から改良されていた

昔は一部で「カルタン」などと呼ばれ、擬人化されていたものです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 昔のカルピスは、飲むと口の中に白い塊ができたものだが、今は改良されていて塊が残らない――。そんなツイートに「言われてみれば」と感心する声が寄せられ、話題を呼んでいます。


カルピス

 確かに、白い塊は20年ほど前にネットの一部で“あるある”として語られ、「カルタン」として擬人化されたこともありました。しかし話題のツイートにあるように、最近はカルピスののどごしに異物感を覚えることがなくなったように思います。

 そこで編集部は、アサヒグループホールディングスを取材しました。白い塊について改良があったのか確認すると、「昔と比べるとできにくくなっている」との回答。なお、改良されたのは2002年と、意外にも十数年も前のことだったそうです。


歴史 公式の「カルピスの歴史」ページ。カルピスウォーター誕生から約10年後、地味に大きな改良がなされていたことになる

 そもそも白い塊は、カルピスに含まれるタンパク質「カゼイン」と、唾液の成分の1つ「ムチン」が反応してできるもの。身体に悪い影響はなく、胃で消化されるそうです。それでも一部の消費者から「塊が気になる」と意見があったため、大豆由来の「大豆多糖類」を加え、ムチンとの反応が起こりにくくなるようにしたそうです。

 ただし、唾液の成分には個人差があるため、現在のカルピスでも、人によっては塊ができる場合もあるとのこと。なお、俗称の「カルタン」に対し、白い塊に正式名称はあるのか確認したところ、「特にない」との回答でした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む