ニュース
» 2019年08月22日 14時00分 公開

ゴジラが黙っていなさそう 森ビルが330メートルの日本一高いビル計画

東京都港区の虎ノ門・麻布台地区で進めている、再開発計画の中心に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 森ビルが30年かけて進めてきた、「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の詳細を発表しました。超高層ビルを中心とした都市再生事業で、メインタワーの高さは約330メートルと、あべのハルカスの300メートルを抜いて日本一高いビルとなる見込みです。


イメージ プロジェクトの完成イメージ

 計画区域は東京都港区の虎ノ門・麻布台地区で、面積は約8.1ヘクタール。メインタワーの就業者数は約2万人、居住者数約3500人、年間来街者数は2500万〜3000万人を想定しており、そのスケールは六本木ヒルズに匹敵するといいます。


概略図 計画の概略図

 コンセプトには自然との調和が織り込まれており、緑化面積は全体の3割近くに及ぶ約2.4ヘクタール。街の中心に広場を配置して緑の景観を設計したうえで、3棟の超高層ビルを融合させる、従来とは逆のアプローチで設計しているとのことです。


中央広場 中央広場のイメージ

屋上緑化 低層棟では屋上の緑化も計画

 着工は8月5日に始まり、2023年3月31日に竣工予定。同社は、付近の六本木ヒルズ、アークヒルズ、虎ノ門ヒルズと合わさった、新たな文化・経済圏を創出すると述べています。


完成図

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.