ニュース
» 2019年08月22日 22時29分 公開

LINE、「OpenChat」の安全対策強化 NGワード自動削除など

トークルーム管理者によるNGワード登録機能も実装。

[ねとらぼ]

 LINEは、グループチャットサービス「OpenChat」の安全対策強化を発表しました。違反行為への取り締まりを強化するとしています。

LINEの発表

 OpenChatはLINEで友達登録していない相手とグループチャットができるサービス。出会い目的のトークルームなど違反行為が多く見られると指摘されていました。

 LINEはこれを受けて、取り締まりの強化を通知。ガイドラインに違反した場合は、投稿の削除、強制退会、OpenChatの利用停止に加え、LINEアプリ本体の利用停止の措置を行うとしています。出会い系や特殊詐欺などを防止するためLINE IDなどの個人を識別する情報(QRコードを含む)の投稿も違反対象とし、児童ポルノなどの不適切な投稿は刑事事件として警察に通報するなど厳格な対応を行うと述べています。

 またLINE基準のNGワードが自動削除されるようになった他、トークルーム管理者によるNGワード登録機能も実装。スタンプ連続投稿に対しては、一定数以上のスタンプを連続投稿した場合にOpenChatを一時的に使えなくなる仕様にしています。

トークルーム管理者によるNGワード登録機能の告知(アプリ内のお知らせから)

 利用者には、不適切な投稿やトークルームなどを発見した場合は「通報」ボタンを利用するよう呼びかけています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.