レビュー
» 2019年08月24日 09時20分 公開

NHKよるドラ「だから私は推しました」 札束勝負の投票企画、過酷なギャラ問題……アイドル業界とオタ活の巨大な暗黒面に斬り込む4話(2/2 ページ)

[北村ヂン,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

オタクの本懐! だが……

 愛の鬼投票の甲斐もあって、サニーサイドアップは念願のアイサマに出演。

 愛は、客席最前ではじけまくる……かと思いきや、一歩引いた場所で、ステージに登場したハナを見て号泣。

 これまでのおどおどとしたステージングから打って変わったハナのあか抜けたパフォーマンスに、見ているオレも泣きっぱなし。愛の思いにちゃんと応えてくれたんだねッ……!

 普段は愛を「オバハン」と呼んでからかっている小豆沢が、泣いている愛をリフト。

 「オバハン、あんがとな。アイツらにこんなモン見せてくれて。すっごい励みになると思う」

 ハナが見たいと言っていた「光(サイリウム)の海」を、ハナとふたりで見ている……まさにオタクの本懐! エロ配信したことも後悔してない!

 「サニサイ、サイコー!」

 沼にズブズブとハマッて、引き返せないところまで行ってしまったオタクの感無量な瞬間を的確に表現したシーンに胸を打たれる。

 ……が、毎度お馴染みの取り調べシーンで、地獄に突き落とす一言。

 「はじまったみたいですよ、さっき。サニーサイドアップの解散ライブ」

 解散!?

 取り調べ中の愛が、さんざん時間を気にしていたのはコレか。

 「これからいよいよ売れるぞ! ……というタイミングでなんでメンバー脱退!?」とか、「なんで解散!?」なんて、あるあるではあるが、……なんちゅう展開をさせてくれるんだ!


だから私は推しました 事件現場の目撃者で、愛の面通しをするという役どころが安藤サクラ。二度見した イラスト/北村ヂン

見ていてつらいけど目が離せない!

 サニサイの解散も気になるが、それ以外にもいくつか気になるシーンがあった。

 ハナがステージで倒れた後、病院からコッソリとやっていると言っていた配信だが、明らかに病室とは思えない。

 「ピンポーン」という音を「ナースステーションの音かな?」とごまかしてはいたが、どう考えても自宅のチャイムだろう。

 瓜田が自宅を突き止めてチャイムを連打してるのか? とも思うが、どうして病院からだなんて嘘をついていたのか?

 もうひとつは、トップオタの小豆沢が、チェキ会でセンターの原花梨(松田るか)と話している時、変なアイコンタクトを取っていたこと。

 このふたりは以前、直接電話連絡を取っていたが、どういう関係なのか?(実は付き合ってたりする!?)

 オタ活のいい面も悪い面も、本当にリアルにえぐってくる本作。見ていてつらすぎるが、目が離せない。

北村ヂン

文章からイラスト、漫画、映像まで、あの手この手でインターネットのみなさんのご機嫌をうかがうハイパーメディアライターTwitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10