ニュース
» 2019年08月25日 10時00分 公開

まるで大きなネコちゃん! ペットとして飼われているピューマのしぐさが愛らしくてたまらない

幸せな居場所を手に入れたのです。

[かのん,ねとらぼ]

 ペットとして飼われているピューマの姿を撮影した動画がYouTubeに投稿され、130万回を超える再生数で話題となっています。家ネコならぬ、家ピューマ!


まるでネコのようなしぐさを見せるピューマのメッシ

 露ペンザに住むドミトリエフ夫妻のお家で、後足をゴシゴシと洗われているのは大きなネコ……ではなくピューマ! 名前は「メッシ」。家の床にごろんと寝転び、おとなしくしている姿からはどう猛な肉食動物であることを感じさせません。そう、彼は「ペット」として飼われているピューマなのです。


ピューマ おとなしく後足を洗われているメッシ

 2年ほど前に、劣悪な環境の動物園にいたメッシ(当時1歳ほど)を引き取ったドミトリエフ夫妻。通常のピューマより体が約3割ほど小さく、動物園に行っても野生に帰しても淘汰されてしまうことが想像されました。

 そして夫妻は熟考の末、自分たちで飼うことに。夫妻は普通のアパートに住んでいましたが、部屋の一部をメッシのための改装したそうです。飼育をする覚悟が伺えますね。


ピューマ 今度は前足フキフキ

 幼い頃から人間に飼われているメッシにどう猛な部分はなく、ネコ科の動物らしい姿を見せます。夫妻や先住猫スフィンクスのキーラに「遊ぼ〜」と甘えたり、家の中でお腹を見せてゴロゴロしたりと、その姿はまるで「大きなネコ」。爪をたてて家を傷つけることもなく「イエネコ」として生活しているそうです。


ピューマ 「待て」のあと、エサ場へダッシュ!

 幼いころの劣悪な環境が原因でいくつかの病気を患っているメッシ。夫妻は、1日2度の散歩で運動をさせる他、食事には気を使い、新鮮な生肉にビタミン剤を混ぜるなどの工夫をして1日2回与えているそうです。

 また、犬用のしつけトレーニング教室に通っているため、ちゃんと「待て」ができたり指示通りエサのある場所に向かったりするなど、しつけも行き届いています。


ピューマ ペロリ。ごちそうさまでした!

 夫妻からの愛情を受け、すっかり懐いているかわいいメッシ。幸せな2人と2匹の生活なのですが、野生動物のピューマを家で飼うことについては動物愛護団体などからの批判も受けているそうです。

 メッシの体や病気の事情で特別に育てているものの、当の夫妻としても興味本位でピューマを家で飼うことには反対しています。優しい家族を手に入れたメッシが、これからも「大きなイエネコ」として幸せに暮らせることを願っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」