ニュース
» 2019年08月25日 13時34分 公開

Googleで「Wizard of Oz」と検索するとモノクロの世界へ飛ばされる 映画公開80周年を記念して

虹のかなたへ。

[ねとらぼ]

 Googleで「Wizard of Oz」を検索すると出てくる映画情報右側にある“ルビーの靴”をクリックすると、モノクロの世界への旅立つことができる。8月25日が「The Wizard of Oz」(=オズの魔法使)の公開80周年を記念したもの。

Wizard of Oz ルビーの靴を3回鳴らすと……

 「オズの魔法使い」(邦題は「オズの魔法使」だが便宜上送り仮名を付ける)はライマン・フランク・ボームが1900年に発表した児童文学小説を原作に1939年8月25日に公開したファンタジー・ミュージカル映画。カンザスの農場で「虹のかなた」を夢見て暮らす少女ドロシーが、ある日竜巻に家ごと吹き飛ばされて愛犬のトトとともに魔法の国オズへ。カンザスに戻るために知恵がほしいと願うカカシと心がほしいと願うブリキ男と勇気がほしいと願うライオンをおともにオズの魔法使いの元へと旅をする。

 Google検索ではルビーの靴をクリックすると検索結果が回転しモノクロ表示に。代わりに表示された竜巻のイラストをクリックすると家が飛び出して元のカラーの検索結果に戻ることができるという仕掛け。

Wizard of Oz 「Wizard of Oz」「オズの魔法使」を検索するとルビーの靴が

Wizard of Oz クリックすると画面がぐるぐると回転して

Wizard of Oz モノクロな世界へと飛ばされたあああ!

Wizard of Oz 竜巻をクリックすると戻れます

 これは映画の冒頭と最後のカンザスのシーン以外が公開当時では珍しいカラーフィルムで撮影されたことを表現していると思われる。物語ではルビーの靴のカカトを3回鳴らして「やっぱりおうちが一番」と唱えるとカラーな魔法の国からモノクロなカンザスへと戻るのだが、Googleでもそれに則していると思われる(※編集部注:一部掲載初出時から修正しました)。クリックすると流れる音声にも注目してほしい。

 ファンはこれに感激。「これはすごい」「なんか泣きそうになりました」と実際に試してみて感動する声が寄せられている。ちなみに邦題の「オズの魔法使」でも楽しめる(「オズの魔法使い」ではルビーの靴は出てこないので注意)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン