ニュース
» 2019年08月26日 17時30分 公開

内装が上質 JAL国内線仕様のボーイング787-8、羽田〜伊丹線に就航 10月27日運行開始 (1/2)

「日本の伝統美」をアピールする新客室仕様に。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 日本航空(JAL)は8月21日、国内線羽田〜伊丹線を中心に導入する「国内線仕様のボーイング787-8型機」の運行開始日を2019年10月27日に決定したと発表しました。

787-8 国内線仕様のB787型機が羽田〜伊丹便で就航

 ボーイング787はJAL国際線でも既に活躍する低燃費、低騒音を特長とする中型ジェット旅客機。2017年9月、空港周辺における騒音低減などを目的に国内線にも4機の同型機導入を発表し、就航計画を進めていました。羽田〜福岡線に就航する国内線向け新型機「エアバスA350-900型機」(関連記事)と共通するの新型客室や座席を採用し、「日本の美意識や伝統」を表現する上質な客室インテリアに仕立てました。シートも同じく、ファーストクラス、クラスJ、普通席の3クラス構成で、全席個人用モニターと電源を備えます。

 総座席数は291。ファーストクラス6席、クラスJ 56席、普通席227席です。

787-8 国内線仕様のボーイング787-8型機
787-8 国内線787-8ファーストクラスの座席
787-8 国内線787-8クラスJの座席
787-8 国内線787-8普通席の座席

 国内線仕様のボーイング787-8は、今回の羽田〜伊丹線の導入に続き、羽田〜福岡線でも2019年12月20日から運行開始予定としています。

787-8 2番ドア入口部に配置されたJALの鶴丸マーク
787-8 2019年10月27日〜11月30日の羽田〜伊丹・787運航便
787-8 国内線仕様B787-8座席構成
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.