ニュース
» 2019年08月27日 16時50分 公開

米ケンタッキーが植物由来の代用肉フライドチキンを提供開始 Beyond Meatと共同で

味が気になる。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 米ケンタッキーフライドチキン(KFC)は8月27日、植物由来の代用肉を使ったフライドチキンを発表しました。代用肉はBeyond Meatが提供。商品名は「Beyond Fried Chicken」です。


KFC Beyond Fried Chicken

KFC Beyond Fried Chicken

 「Beyond Fried Chicken」は8月27日からアトランタの店舗でテスト提供されます。ナゲットやウィング(翼)など異なる食感を個別に再現しており、通常のフライドチキンのようにディップソースも選択できるとのこと。

 米KFC最高経営責任者のKevin Hochman氏は「Beyond Fried Chickenを食べたお客様は“いつものケンタッキーの味がする!”と驚きの声を上げることでしょう」と自信を見せています。

 バーガーキングが代用牛肉のビーフ0%ハンバーガーを提供するなど、ベジタリアンやヘルシー志向の方に向けた商品開発はトレンドになりつつあります。代用鶏肉をメニューに取り入れたファストフード店はケンタッキーが米国初。テストが成功し、販売地域が拡大されれば、いずれ日本でもおいしい「偽チキン」を堪能できるようになるかもしれません。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.