ニュース
» 2019年08月27日 18時03分 公開

バンダイナムコ、プロスポーツに参入 プロバスケ「島根スサノオマジック」経営権を取得

[ねとらぼ]

 バンダイナムコエンターテインメントは8月27日、「B.LEAGUE」に所属するプロバスケットボールチーム「島根スサノオマジック」の経営権を取得し、プロスポーツ事業に参入すると発表しました。

フォト 島根スサノオマジックのWebサイト

 同チームの運営企業「山陰スポーツネットワーク」(松江市)の株式56.5%を取得し、運営に参画。これまでゲーム事業やライブイベントなどを手がけてきたバンダイナムコエンターテインメントが「新たな『スポーツ』というエンターテインメントへの挑戦を始める」としています。

 島根スサノオマジックは島根県を本拠地に2010年にクラブを創設。5月には1部リーグ「B1」に再昇格しており、バンダイナムコエンターテインメントは「挑戦し続ける姿勢に強く共感し、島根スサノオマジックと共に成長し続けたい」とコメントしています。

 プロスポーツを巡っては最近、メルカリがプロサッカークラブ「鹿島アントラーズ」の経営権を取得(関連記事)したほか、ミクシィによるプロ野球チームの買収検討が報じられるなど、ゲーム・ネット企業による参入が活発化しています。

フォト バンダイナムコエンターテインメントのニュースリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.