高級メダカ窃盗犯が残した「100円置いて行きます」の書置きが物議 被害公表後、店にはいわれなき誹謗中傷も(1/2 ページ)

被害を受けた店のオーナーを取材しました。

» 2019年08月28日 17時30分 公開
[Kikkaねとらぼ]

 「メダカ5匹の代金 100円、置いて行きます 7/18」――。高級メダカを盗んだ人物が店舗に置いて行った書置きがTwitter上で物議を醸しています。

 盗難被害を告白したのは、新潟県で熱帯魚やメダカやエビなどの生態販売を行うWorld Green Aquarium(@gyorui_net)。「盗難が酷い」の書き出しで始まったツイートでは、「あなた様が価値を勝手に決めないでください。時間、お金、愛情がかかります。あなた様が5匹で100円と付けましたが2万円以上で取引されています」とメダカの盗難被害について明らかにしつつ、「こんな身勝手な人にメダカをもらって欲しくはないですが私が毎日毎日大切に育てたメダカです!最後まで責任を持って立派なメダカにしてな!」と締めくくっています。


めだか 転売 盗難 窃盗 メダカを盗んだ人物が置いて行った書置き

 このツイートには1枚の画像が添付されており、付せんにボールペンのようなもので、「メダカ5匹の代金 100円、置いて行きます 7/18」と記した書置きがメダカの飼育場所近くに置かれているのが分かります。

 またWorld Green Aquariumでは、8月24日にも飼育していたメダカが2ケース分盗まれる被害が発生し、同店は「メダカ盗難の被害が少しでも無くなればいいです!!」とこの事件も公表しました。


めだか 転売 盗難 窃盗 2ケース分盗まれたというメダカ

盗まれたメダカは人気品種、オーナーを取材

 ねとらぼ編集部では盗難被害に遭ったWorld Green Aquariumのオーナーに連絡を取り、メダカの盗難被害についての取材を申し入れました。

――まずメダカ5匹が盗まれた7月の事件について、被害実態などを教えてください。

オーナー盗まれたのは愛好家に人気が高いメダカです。1匹あたり5000円前後で売買されているので、おおよその被害額は2万円程度です。今のところ犯人の目星はついていません。

――警察へは被害報告しましたか。

オーナー盗まれた日に近所の交番へ行きましたが、その日は警察官が駐在していなかったので、交番内に設置された電話から警察署への通報を行いました。通報時はすごく憤りを感じていたのですが、書き置きの字の感じであったり、メダカを飼育している場所の立地であったりを考えると、「犯人は年配者なのでは」と思うようになり、「もしメダカを盗んだことが原因で犯人の家庭が崩壊してしまったら……」という思いも出てきて、現状は被害届の提出を保留している状況です。

――盗まれたメダカはどういう状況で飼育していたのでしょうか。

オーナー私たちは店舗を持っているわけではなく、インターネット上での販売が主なので倉庫のような場所でメダカを飼育しています。スタッフも「魚が好きだから」と本業の傍ら手伝ってくれている人や近所にある動物系の専門学校に通う学生などなので、飼育場所に人が常駐しているわけではありません。

――これまでにもメダカの盗難被害はあったのでしょうか。

オーナー1ケースに20〜40匹程度入れて飼育していることもあり、毎日個体数を数えるわけではないのですが、メダカが居なくなるということはこれまでにもありました。ただ、猫であったり、鳥であったりが命をつなぐためにメダカを獲ることはあるだろうと思っていたので、スタッフもそう考えていました。今回は書き置きがあったことから明らかに人間の仕業だと分かり、残念に思っています。

――8月24日にも2ケース分のメダカが盗まれてしまったとツイートされていましたね。

オーナー2ケース分のメダカ約40匹が突然いなくなっていたんです。ケースが残されていて、メダカだけいないという状況でした。

――ということは、犯人は事前にメダカを持ち帰る容器などを用意していたということですね。

オーナーそうだと思います。酸素パッキンが必要な金魚などと違い、メダカは酸素量をあまり必要としない魚なので、輸送がしやすい魚として知られています。ですから素人でもビニール袋などを準備してくれば持ち去ることはできたのではないかと思います。

――ケースごと盗まれたメダカはどういった品種のものだったのでしょうか。

オーナー「紅白ラメ」と呼ばれるもので、赤と白の体色にラメが入っている品種です。時期にもよりますが、1ペアで1万円〜1万5000円程度で流通しています。メダカにもいくつかの販売方法があって、卵の段階で販売するもの、ふ化させてから1〜2週間で販売するもの、選別して残ったものを育てて販売するものなどがあります。今回盗まれたのは、数回選別をしたものだったので、これから育てていこうと厳選した個体たちでした。


めだか 転売 盗難 窃盗 盗まれた紅白ラメ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  7. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
  10. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評