レビュー
» 2019年08月28日 11時17分 公開

ドラマ「ハイロー ザ・ワースト」では抗争は始まらず! ひとまず映画までに覚えておきたいことを整理してみた (1/2)

今夜からは爆笑バスツアー編!? 構成が斬新過ぎる……。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 LDH JAPAN会長・HIRO総合プロデュースによるエンターテインメントプロジェクト「HiGH&LOW」の新ドラマHiGH&LOW THE WORST EPISODE.0」日本テレビ・木曜0:59〜)第6話。

 「鬼邪高校全日制の派閥抗争がはじまる!」と散々煽られてきたにも関わらず、まったく抗争がはじまらないまま本編終わり。

 10月に公開される映画「HiGH&LOW THE WORST」の前日譚というのは分かっていたけど、それにしても前日譚過ぎる! ドラマはドラマで、もう少しはオチをつけて映画になだれ込んでいくのかと思っていたのに……。


HiGHLOW 「HiGH&LOW THE WORST EPISODE.0」は、10月に公開予定の映画「HiGH&LOW THE WORST」の前日譚 イラスト/北村ヂン

もうひと盛り上がり欲しかったが……

 花岡楓士雄(川村壱馬)のいない鬼邪高校での生活にモヤモヤを抱えっぱなしだった高城司(吉野北人)は、楓士雄の住む田舎に向かい、楓士雄にタイマンを申し込む。

 時を同じくして、九龍グループとSWORDの抗争が本格化。

 「九龍グループに宣戦布告した」と聞いて、それまでイケイケだった西川泰志(佐藤流司)、横山清史(うえきやサトシ)の一派や、中越大(神尾楓珠)の一派が、全日制のアタマ争いどころじゃないくらい、すっかり意気消沈しちゃっているのが情けない。

 この間、鬼邪高校は九龍グループの手によって燃やされ、壊滅的な被害を受けている。

 最終的にヤクザにスカウトされることを目的としている平均年齢23歳の定時制はともかく、普通の高校生の年齢(15〜18歳)である全日制の生徒たちには、さすがにショックがデカ過ぎるか。

 九龍グループとの抗争後、定時制の番長・村山良樹(山田裕貴)は、校内放送で中庭に全生徒を集め、今後、SWORDの揉め事に全日制の生徒を巻き込まないと宣言する。これによって、鬼邪高校の全日制と定時制が分断されることになった。

 結局、本作の位置づけは、過去作である「THE MOVIE 1〜3」を補完しつつ、鬼邪高全日制が九龍グループとの抗争に関わってこなかった理由(要は本作での新キャラがこれまでのシリーズに出てこなかったつじつま合わせ)をでっちあげ、無理なく「THE WORST」につなげるためのブリッジということだったのだろう。

 それにしても、ドラマ内でもうひと盛り上がり欲しかったところだが……。

 せっかく、楓士雄や司、泰・清コンビといった、ナイスな新キャラが続々登場していたのに、大した活躍がないままだったのが残念だ。その辺は映画でのお楽しみ、ということなのだろうが。


HiGHLOW 6話の見どころ。校内放送で中庭に全生徒を集める村山さん イラスト/北村ヂン

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.