ニュース
» 2019年08月28日 13時30分 公開

「インプレッサ」に2019年大型改良モデル、特設サイトで公開 2019年秋発売 (1/2)

「アイサイト・ツーリングアシスト」を全グレード標準搭載。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 SUBARUは8月27日、2019年大型改良版「インプレッサ」の事前情報を専用サイトで公開しました。

スバル インプレッサ 「インプレッサ G4」(大型マイナーチェンジ版)(写真:SUBARU、以下同)
スバル インプレッサ 「インプレッサ SPORT」(大型マイナーチェンジ版)

 インプレッサはセダンの「インプレッサ G4」と、ハッチバックの「インプレッサ SPORT」で展開するCセグメント車種。現行第5世代目(2016年10月発表)の2019年大型改良モデルとして、エクステリアデザインの刷新、走りの質感を向上。安全走行支援機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を全グレードで標準搭載します。

スバル インプレッサ エクステリアデザインを刷新

 アイサイト・ツーリングアシストは、センシング技術と車両制御技術を組み合わせて、アクセル/ブレーキコントロールとステアリング操作の両方をアシストする安全運転走行支援機能。高速道路において、先行車に一定の車間で追従するアダプティブクルーズコントロール(ACC)機能と、区画線を認識して車両を車線中央に保つオートレーンキープ機能を実現。高速巡航だけでなくノロノロ運転の渋滞時にも対応します。

 上位グレードの「1.6i-S EyeSight」「2.0i-S EyeSight」には、対向車などを検知してハイビームの照射位置を自動調整する「アダプティブドライビングビーム」、シート位置を記憶する「運転席シートポジションメモリー機能」なども備えます。

スバル インプレッサ 内装

 発売は2019年秋予定。8月27日に先行予約受け付けを開始しました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.