ニュース
» 2019年08月29日 11時00分 公開

冷やし中華にマヨネーズ、かける? かけない? 国内のカルチャーギャップ描く漫画に反響

かける派は東北と中部、近畿に多いようです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「冷やし中華にマヨネーズをかけるのは、一部地域だけらしい」とする漫画が、Twitterで反響を呼んでいます。主に中京圏や東北地方から、「全国共通だと思っていた」と動揺する声が多数上がっています。


アイキャッチ 「コンビニの冷やし中華(マヨ付)」のように、ある人にとっては当たり前、またある人には未知の文化が描かれています

 投稿主は愛知県出身の漫画家、安藤正基(@aichidoughnut)さん。愛知を舞台に、その独自性を描く自著『八十亀ちゃんかんさつにっき』6巻から、冷やし中華にまつわるエピソードを抜粋して紹介しています。

 最初は、東京出身の陣繁華(じんとしか)と、岐阜出身の只草舞衣(ただくさまい)の食事シーン。繁華は注文した冷やし中華にマヨネーズがかかっていたことが信じられず、何か怪しいものと勘違いして逃げ出してしまいます。


1P

 「東京だと冷やし中華にマヨネーズ入れないんだね……」と落ち込む舞衣。店にたまたま居合わせた、知人の八十亀最中(やとがめもなか/愛知出身)と一天前紫春(いてまえしはる/大阪出身)も、それを聞いて「これがうまいのに」とショックを受けた様子です。


2P

 その一方で、食事に手をつけなかった繁華は、お腹が空いてコンビニへ入り、何気なくチルドの冷やし中華を手にとります。すると、そのラベルにも大きく「(マヨ付)」の文字が。というのも、東海地方などでは、コンビニの冷やし中華にもマヨネーズが付くことが多いのだそうです。しかし、それを知らない彼女はカルチャーギャップを過剰に恐れ、しばらく震えて過ごすのでした。


3P

 漫画では最後に、スガキヤの「冷しラーメン」に始まる「マヨネーズがけ冷やし中華」文化を解説しています。同店が「サラダ感覚で食べられる」をコンセプトにした結果、マヨネーズをかけて提供するスタイルが生まれたのだとか。なお、現在の冷しラーメンは、食べる人が好みで調節できるよう、小袋のマヨネーズが別添えされるようになっているとのこと。地域性とは無関係に、マヨネーズが苦手な人もいますからね。


4P

 スガキヤの店舗は中京圏と近畿地方を中心に展開されているため、マヨネーズがけ文化はそこを起点に広まったと推察されます。漫画へのリプライでは、東北や甲信越、茨城など他の地域からも「マヨネーズかける派」の声が多数あり、今や一部地域限定でもないように見受けられます。Jタウンネットが2014年に行った調査でも、その傾向は顕著。むしろ「マヨネーズかけない派」のほうが少数派なのかもしれません。


作品提供:安藤正基(@aichidoughnut)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」