ニュース
» 2019年08月29日 15時35分 公開

Siriとユーザーの会話、一部を人間が聞いて分析していた―― Appleが問題の改善策を発表

AlexaやGoogleアシスタントで指摘されていた問題が、Siriでも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 iOSの音声アシスタント「Siri」とユーザーの会話を、分析のために下請け業者が聞いていたとする報道について、Appleが謝罪し、改善案を発表しました。現在、分析は全世界で停止しており、問題には今後のアップデートで対応すると説明しています。


Apple Appleの発表

 問題が明るみに出たのは、分析を請け負った業者を情報源としたThe Guardianの記事。Siriとの会話で録音された一部の会話を、人間のスタッフが品質向上のための作業「グレーディング」に用いているといった内容でした。


Apple The Guardianの記事

 情報の提供者は、分析元のデータに医師と患者のやり取りや、違法な取引など、私的な会話が大量に含まれていたと説明。Siriが誤動作で起動したせいで、ユーザーが意図しないまま録音されたものとみています。

 The Guardianの取材に対し、Appleは事実を認める一方で、当該の音声データはApple IDと紐付けられておらず、厳格な機密保持契約の下に扱われていると説明しました。

 同様の問題はAlexaやGoogleアシスタントでもあり、AmazonもGoogleも事実を認めています。しかし両社とは異なり、AppleのケースではSiriが録音を行うと明示されておらず、グレーディングのために利用データを提供するか否かを選ぶといった機能もなかったことが問題視されました。

 Appleは、グレーディングの仕組みを再検討し、今後の改善策を発表しました。まず、ユーザーがグレーディング用の録音に同意するか否かを選択可能に。同意した場合も、会話の音声サンプルを聞けるのはAppleの従業員のみとしています。また、意図せずSiriが起動されたと判断した音声録音は削除するとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.