ニュース
» 2019年08月29日 18時46分 公開

日本初の“サブスク自販機”、JR東日本の駅ナカに登場 飲料の定額制サービス

利用者の募集を始めます。

[ねとらぼ]

 JR東日本ウォータービジネスは8月29日、日本初という自動販売機のサブスクリプションサービス「every pass(エブリーパス)」を10月1日に開始すると発表しました。サービスの利用者500人を9月2日〜16日に募集します。

フォト サブスク自販機が登場

 同社が「アキュア」ブランドで展開する、JR東日本の駅に設置している最新型自販機「イノベーション自販機」で利用できるサービスです。専用アプリ「acure pass(アキュアパス)」に配信されるQRコードを自販機にかざすことで、対象の商品を1日1本受け取れる仕組みです。イノベーション自販機は首都圏を中心に、JR東日本エリア内の駅に設置されています。

 プランは、(1)月額980円で、オリジナルブランド「アキュアメイド」の飲料が対象の「アキュアメイドプラン」、(2)月額2480円で、アキュアメイドに加え他社飲料も含むイノベーション自販機取り扱い全商品が対象の「プレミアムプラン」──の2種類です。ただ、アキュアメイドプランは1カ月のみで、その後はプレミアムプランに自動移行します。

フォト イノベーション自販機にQRコードをかざす(イメージ)
フォト 対象商品を1日1本受け取れる(イメージ)

 同社は「仮に30日間150円の商品を受け取れば合計4500円となり、本来かかる金額よりもお得にご利用いただけます」とアピールしています。消費税率の引き上げやキャッシュレス決済の普及などを背景とした消費者ニーズの変化を踏まえ、デジタルコンテンツを始めとして定着しているサブスクリプションに注目。最新型の自販機による新しい価値体験を提供するとのことです。

フォト JR東日本駅に設置している「イノベーション自販機」

 ユーザーは500人限定。9月2日〜16日に募集し、抽選で決定します。応募は専用アプリ「acure pass」から受け付けますが、同社の会員サービス「アキュアメンバーズ」アカウントとの連携が必要です。詳細は公式Webサイトで説明しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.