ニュース
» 2019年08月31日 19時00分 公開

ブドウは粒に小さい枝が残るよう切り取ると長持ち 農家直伝の保存法が話題に

房のままではカビが生えやすく、粒を枝からちぎり取ると、甘味が抜けてしまうのだそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ブドウは房のままだとカビが生えやすいので、粒に小さい枝が残るように切り取るといい――。農家から教わったという保存法がTwitterで話題です。


ブドウの保存法 枝の根元にハサミを入れていく

ブドウの保存法 粒から細い枝が少し生えた状態に。粒の小さい品種の場合は1つ1つ切ると大変なので、1房を5つ程度に分ければいいそうです

ブドウの保存法 粒から枝をちぎり取ってしまうと、甘味が抜けてしまうのでNG

ブドウの保存法 容器に入れて冷蔵する際は、ペーパータオルを敷き詰めてから

 大阪市中央区森ノ宮のカフェ、フルーツキッチンほのかの投稿。ブドウの粒をていねいに切り取る様子を、分かりやすく動画と写真で見せています。こうして風通しが良く涼しい場所で保管すると、1週間以上長持ちするのだそうです。冷蔵する場合は、ペーパータオルを敷いた容器でパッキングすればOK。

 ツイートは広く拡散され、「これで心置きなくブドウが買える」「ちょうど実家からたくさん届いたので助かる」と、感謝の声も寄せられました。同店は、今後もマンゴーの切り方など、フルーツの豆知識を紹介していくとのことです。


画像提供:フルーツキッチンほのか



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.