ニュース
» 2019年09月01日 09時00分 公開

大人になってもお菓子やおこづかいをくれるおばあちゃん その理由を思う漫画に涙がじんわり

おばあちゃんに会いたくなる。

[林美由紀,ねとらぼ]

 実家に帰ると大人になった自分にもおこづかいをくれるおばあちゃん。友人との話からその理由が分かったしれない――創作漫画『実家のばあちゃんのはなし。』を読んで、祖父母を思い出して涙腺が緩む人が続出しています。作者はイラストレーターのともわか(@a0PH)さん。


実家のばあちゃんのはなし。05 お小遣いを受け取らない孫に寂しそうなおばあちゃん……

 友人と飲みながら、お盆休みの話をする男性。友人はお盆も仕事でしたが、男性は実家に帰っていました。実家に帰ると、おばあちゃんが毎度毎度果物やお菓子を与えてきて、さらに帰るときにはおこづかいを渡してきます。もう社会人だし、年金からお小遣いをもらうも気が引けると思って断ると、おばあちゃんはとても悲しそうな顔をしたのです。

 「こづかいもらっといたほうがよかったんやろか」とため息をつく彼の話を聞いた友人は、「たぶんやけど」とおばあちゃんの気持ちを想像して語ります。おばあちゃんは子どもではなくなった孫の喜ぶことが分からないから、果物やお菓子やおこづかいで喜んでもらおうとしているのではないか。おこづかいを受け取らなかったことが悪いのではなく、孫が大人になったことをあらためて感じて寂しくなったのではないか――。それを聞いた彼はおばあちゃんに会いたいと涙ぐむのでした。


実家のばあちゃんのはなし。01 お盆に実家に帰るともてなしてくれるおばあちゃん


実家のばあちゃんのはなし。02 おこづかいを断ったら……


実家のばあちゃんのはなし。03 おばあちゃんは大人になった孫の喜ぶことが分からないのでは


実家のばあちゃんのはなし。04 おばあちゃん、アイスを割るのが下手なのではなくて、わざと孫に大きな方をあげているのかも

 おばあちゃんが果物やお菓子、おこづかいをくれるのはこの漫画のような切ない理由があるからかもしれません。おばあちゃんにとって、いつまでも孫は孫。喜んでもらいたい気持ちは変わらないのです。大人になった孫のことがよく分からなくなったおばあちゃんに、「こんなものが好き」と今の自分のことを話したり、おばあちゃんが望むことも聞いたりしたいものですね。

 Twitterでは「亡くなった祖父母を思い出しました。病床でも『帰りにジュースでも飲み』と毎回くれたお小遣い。最期にもらったお金はまだ使えてません」「孫に対し『変わらない優しさ』とも言えるし、婆ちゃん側も『変えられない優しさ』でもあるんだな」「そうか、お小遣いもらっとけば良かったなあ。いつも遠慮してた。祖父母もういないからじわっと泣ける」など思い出を語る人、おばあちゃんに会いたくなったという人からコメントが寄せられています。

画像提供:ともわか(@a0PH)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる