ニュース
» 2019年09月01日 13時00分 公開

Twitter、スワイプ式のリスト新機能や“クソリプ”非表示機能をテスト導入 「いかにして健全性を高めるか?」中の人に聞いた(2/2 ページ)

[福田瑠千代,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 直接聞いてみたところ、コールマンさんからは「実際私自身もTwitter上で見かけることがあるので、問題はよく認識しています」という率直な意見が。

 さらに「違反投稿を申告しやすくする改善も行っています。申告に基づき対応する部隊があり、そこは今年(2019年)からこれまで以上に強化しています」と、Twitter Japan政策広報部担当者※からの補足もありました。このあたりの対策が実を結んでいくのかどうか、今後も見守っていきたいところです。

※ポリシーや安全面にまつわる案件の広報担当


日本特有の使われ方

 健全性という観点で、日本ではどのような使われ方が目立つのか、ユーザーの動向を調査する部門の山内清稔さんによるプレゼンも行われました。最近の調査により、3つの特徴が分かったといいます。

スタッフユーザーリサーチャーの山内清稔さん

 まず、日本ユーザーの最大の特徴は「匿名性が重要」であるという点。これは、いわゆるプロフィール画像の違いによく現れています。米国ではユーザーが自身の顔などをアイコンに設定することが多いですが、日本では好きなアニメキャラクターや、ラーメンといった、趣味にひも付いたものを設定しがち。複数のアカウントを作り、「ラーメン好きな自分、k-popが好きな自分、プロフェッショナルな自分……」というように使い分けるユーザーが多いのも特徴。

 リアルではしがらみにより本当の意見が言えなかったりしますが、Twitter上ではそうして形成された趣味などのコミュニティー内で自由に発言できるようになります。こうして、健全性にかかわる投稿が行われる可能性が見受けられるのだとか。

 第2に、フォローに伴う価値観が日本と海外ではやや異なるという話も出ました。いわく、日本では自分と相手の関係性ではなく、「その人の情報に価値を置く」ユーザーが多いとのこと。

 これは逆にいえば、フォローを外すことをためらわないユーザーが多い(=健全性に関係する)ことも意味します。米国ではお互いに本名が分かる形で利用する場合が多いため、「フォロー外し」はリアルな生活に影響を及ぼす可能性があり、それなりに決意をもって行う必要があります。それに比べ匿名同士であれば、ちょっと嫌に思われる程度で済むため、気軽にフォロー外しができたりします。

 最後に、ファン同士のつながりが強い点も挙げられました。国際的に見ると、例えば有名歌手などを直接フォローして、その著名人が何を言っているかを追うことが主流。一方日本ではファン同士のつながりが強く、そこから広がる連鎖的なフォローが目立つそうです。そうしてファン同士で仲が良いが故に、意見が違った瞬間に健全性にかかわるようないざこざ起きたりもするケースが紹介されました。


インセンティブにより健全性を高める

 今後、こうした健全性を脅かす空気をどうやったら改善していけるのでしょうか。記者側から出た「(Twitterでは)『怒り』のエネルギーが伝播しやすい」「怒りのエネルギーじゃないほうがインセンティブが大きい、みたいな誘導はできないものか」という意見に対して、コールマンさんは「『インセンティブ』という言葉が聞けたのは面白いですね。実はわれわれも社内でその言葉をよく使っています」と反応。

 インセンティブを与える方法として、既にいくつか試案があるそうです。1つは、どんなツイートを重み付け(Amplify)するか。通常はフォローしているユーザーのツイートしか見えません。しかしおすすめツイートや、検索で何を上位に表示するか、大量のリプライの中でどれを上位に表示し、何を下位にするのか。あるいは機械学習を用いて、違反アカウントと同様の振る舞いのアカウントを「Amplify」しない、といった施策を試みているそうです。

「インセンティブ」という言葉はTwitter社内でもキーワードとして使っているらしい

 また、「リツイート」や「いいね」には良い側面と共に、負の側面もあります。プロトタイプ版twttrであえてリツイートやいいね数を見せていないのは、「リツイートやいいねは必ずしも重要なインセンティブと考えていない」ためだといいます。

 もう1つ興味深い施策として、リプライを寄せられた側が生産性がないリプライだと判断した場合に、そのリプライを見えなくするという機能も紹介されていました(関連記事)。現在はカナダ限定で試験中というこの機能。「これがベストかは分かっていません」との前置きの通り、ひとまずはユーザーの感触を確かめている段階だそうです。果たして“クソリプ”撲滅の救世主となるのでしょうか。


 なまじ旧来のTwitterに親しんでいると、新機能が来るたびについ拒否反応を示してしまいがちです。とはいえそれがトライアンドエラーの一環なのだと思えば、試用してみるのも一興と思えるようになるかもしれません。今後のさらなる改善に期待したいところです。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」