レビュー
» 2019年09月02日 10時30分 公開

自宅に上がり込んで浮気をした女への慰謝料が激安10万円! 妻よ、ホントにそれでいいのか?「テレフォン人生相談」先週のハイライト (1/2)

夫のスマホから、浮気相手との最中動画を発見。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。先週はすべての曜日でドリアン助川がパーソナリティーを務めるドリ助ウィークだった。さらに8月31日(土)には垣花正とWパーソナリティーで「ドリアン助川テレフォン人生相談・土曜日版」も放送。


テレフォン人生相談 パーソナリティ:加藤諦三(評論家)、今井通子(作家・登山家)、ドリアン助川(作家・ミュージシャン)、柴田理恵(女優・タレント) イラスト/北村ヂン

 9月1日に中高生の自殺件数が急増するというデータを踏まえての放送だったようだが、生放送での相談は「友達が部活動に出てこなくなってしまった」「親がお小遣いを上げてくれない」といった、中高生ならではの心洗われるようなサワヤカな相談中心だった。

 対して、通常放送の方では夫婦関係や親子関係にまつわるドロドロとした相談がめじろ押し。……ということで今回ピックアップしたのは8月27日(火)放送回。

 夫の浮気が発覚し、浮気相手に慰謝料を請求したいという相談。

浮気相手に請求する慰謝料の額は……

 相談者は22歳女性。夫22歳。できちゃった婚で結婚して1年。1歳の娘がいる。

 「浮気にも色んなレベルがあるかと思いますが、どのようなことなんでしょう?」

 「私の留守中に、旦那が女の人を家に入れて最後までしたっていうレベルですね」

 妻も娘も一緒に住んでいる自宅で浮気……。浮気の中でもかなりハイレベルなアウトだ。浮気するにしても、せめてホテルに行こうよ。ホテル代、ケチッちゃったのかな? 浮気相手は独身ということなので、せめてあっちの家ですればよかったのに。

 芸能人ですら、アパ不倫やら4WD不倫やらと貧相な不倫をしている昨今。浮気ひとつとっても日本の貧しさを感じてしまう。

 浮気がバレたきっかけもどうかしている。

 「旦那の携帯を見るくせが私、ついていて。旦那もそれを見るのを知っていたんですけど」

 浮気を疑ってスマホチェックというよりは、普段から写真を共有するような感覚で夫のスマホをいじっていたようだ。

 その日も、娘の写真を見ようとしたところ、カメラロールの中に行為中の動画が残されているのを発見し、浮気が発覚したのだという。……夫、いくらなんでもスキがありすぎるだろ!

 夫を問い詰めたところ、浮気相手は会社の同僚で、関係を持ったのはその日が最初で最後(ホントか!?)。職場でも「もう仕事以外の話はしない」と言っているようだ。

 相談者もその話を信じ、娘も幼いため離婚までは考えていないとのこと。ただ、浮気相手には慰謝料を請求したいのだという。おう、請求しようしよう!

 しかしその請求額は……。

 「(動画の中で)ベッドとかソファを使っていたので、それを買い換えたい」「計算したら20万くらいだったので、その半分の10万は頂きたいなとは思っています」

 や……安ッ! もっと取ってもいいんじゃないの? 

 浮気に使用したベッド&ソファが気持ち悪くてもう使いたくないという気持ちはものすごく分かるので、せめてベッド&ソファ代は全額出させようよ!

 浮気相手の年齢は明らかにされていなかったが、相談者や夫と同年代と考えると20代前半。確かに10万円でも大きな額なんだろうけど……。


テレフォン人生相談 や……安ッ! もっと取ってもいいんじゃないの? イラスト/北村ヂン

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐