ニュース
» 2019年09月02日 12時54分 公開

FF化で残念!? でっけーキドニーグリルで主張 BMWが新型「1シリーズ」を発表 (1/2)

「FFでも心配ない」とする走りの技術を国内初採用。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 独BMWの日本法人は8月29日、新型「1シリーズ」の販売を開始しました。デリバリー開始は2019年11月から。価格は334万円(10%税込時)からです。

BMW 1シリーズ BMW「1シリーズ」新型(写真:BMW、以下同)

 1シリーズはBMWのエントリー車種に位置付ける小型ハッチバックモデル。今回の新型(第3世代)は、駆動方式にシリーズで初めてFF(フロントエンジン・フロントドライブ)を採用し、BMW車の伝統だったFR(フロントエンジン・リアドライブ)から方向を転換しました。

 フロントマスクにはBMWのフラグシップセダン「7シリーズ」(関連記事)でも採用した「大型化キドニーグリル」のデザインコンセプトを取り入れて、BMW車であるアイデンティティーを主張。同時に、FF車特有のアンダーステア現象を大きく抑制するという日本初導入のシステム「タイヤスリップコントロールシステム」を採用し、FFでも同様にBMW車らしさを損ねないキビキビとした走りを実現するとしています。

 FF化によって、前モデル比で後席足元スペースを約40ミリ拡張した広い車内空間も実現。ラゲッジルームの容積も前モデル比20リットル増しとなる380リットル(リアシートを倒すと最大1200リットル)を確保しました。アダプティブクルーズコントロールやレーンキープ走行支援などを行う運転支援機能も拡充し、狭い路地や混んでいる駐車場などで活躍する、来た道をそのままの軌跡で自動で戻る機能「リバースアシスト機能」(関連記事)、「OK BMW」と音声で車内機能を調整できるAIアシスタント機能「BMWインテリジェントパーソナルアシスタント」なども備えます。

 パワートレインは、標準モデルの118iが最大140馬力/1.5リッターの直列3気筒ガソリンと7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)の組み合わせ。最上位グレードのM135i xDriveは2リッター直列4気筒ガソリンエンジンと8速スポーツAT+インテリジェント全輪駆動システムシステム「BMW xDrive」の組み合わせで、最大306馬力/45.9kgf-m(450Nm)のかなり強力なパワーを発生します。

 車体サイズは4335(全長)×1800(幅)×1465(高さ)ミリ、ホイールベース2670ミリ。

BMW 1シリーズ M135iは最大306馬力のパワフルな2リッターエンジンを搭載
BMW 1シリーズ 5.1インチのメーターパネルディスプレイ、8.8インチのセンターディスプレイで構成するドライバーズシート。さらにオプションで10.25インチのディスプレイを2つ備えた「BMWライブ・コックピット」なども用意する
BMW 1シリーズ FF化によってラゲッジルームの容積も拡充
BMW 1シリーズ ラインアップと価格
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」