ニュース
» 2019年09月02日 13時30分 公開

マイクロソフトの麻雀AIがオンラインゲーム「天鳳」で10段を獲得 実力は人間のトッププレイヤーに匹敵

5000対局での安定段位は平均8.7以上。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 マイクロソフトの麻雀AI「Super Phoenix(Suphx)」が、オンライン麻雀対戦プラットフォーム「天鳳」でAIでは初となる10段を獲得しました。ついに麻雀でもAIが活躍する時代に。


麻雀AI 役満(大三元)を和がるSuphx。これは運に恵まれたケースと思われますが、通算5000回以上の対局で安定した成績を挙げているとのこと

 天鳳は2006年のオープン以来、全対局記録や牌譜(対局の進行の全記録)など、AIの学習に有用なデータを公開しています。研究者はこうした特長に注目し、2019年3月にSuphxを天鳳へ投入。4段以上が参加できる「特上卓」で人間プレイヤーと5000回以上の対局を重ね、6月に10段を達成しました。

 麻雀は運の要素に影響を受けがちなゲームなので、天鳳では「安定段位」なる指標でプレイヤーの実力を評価しています。高段位者ほど最下位時のペナルティが大きくて段位が落ちやすく、段位を高く保つのが難しい仕組みです。

 それでもSuphxは、5000回以上もの対局で平均8.7以上の安定段位を維持しています。人間の場合、特上卓のトッププレイヤーが約1万回の対局を行った結果は平均で7.4。分母が異なるとはいえ、Suphxの実力は人間のトッププレイヤーに匹敵するといえるでしょう。


麻雀AI 東大やドワンゴのAI、人間のトッププレイヤーを上回る実力

 研究者は麻雀のように盤上の情報の多くが隠されている「不完全情報ゲーム」はAIにとって困難であり、その点ではアルゴリズム開発の理想的環境であるとコメント。「Suphx が多くの麻雀愛好家にとって助言者や友人のような存在になり、人間の麻雀の技術習得を支援してくれるようになることに期待しています」と述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.