ニュース
» 2019年09月02日 17時58分 公開

PayPayでいつでも公共料金を払える「PayPay請求書払い」スタート 0.5%ボーナスも

請求書のバーコードを読み取って直接払えます。

[ねとらぼ]

 PayPayは9月2日、電気・ガスなど公共料金の請求書からバーコードを読み取って支払える「PayPay請求書払い」を始めました。自宅などでいつでも支払えるようになる上、支払い額の0.5%がPayPayボーナスとして付与されます。

フォト 「PayPay請求書払い」のイメージ(ニュースリリース
フォト 「PayPay請求書払い」の対応予定(ニュースリリース

 まず東京ガス、東京電力、東京都水道局、広島ガス。中国電力、九州電力の請求書に対応。9月30日には、Yahoo!マネーで支払える約300の自治体や事業者などの請求書に対応する予定で、今秋以降、さらに多くの請求書に対応するとのことです。

 支払いは、(1)PayPayアプリの「スキャン」をタップ、(2)請求書(払込票)のバーコードを読み取る、(3)支払金額を確認し、「支払う」をタップ──という手順で行います。支払いに利用できるのはPayPay残高のみで、クレジットカードは使えないので注意が必要です。

 このサービスを利用することで、公共料金などを自宅にいながらいつでも支払えるようになり、支払いのために外出したり、現金を引き出したりする時間や手間、引き出しの際にかかる手数料の節約となる上、払い忘れの防止にもつながるとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.