ニュース
» 2019年09月02日 20時52分 公開

週刊ポスト「韓国なんて要らない」特集に批判、編集部が謝罪 作家の連載ボイコットも(1/2 ページ)

特に「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」記事について、誤解を広めかねず、配慮に欠けていたと謝罪。

[ねとらぼ]

 「週刊ポスト」9月13日号(9月2日発売)に掲載された「韓国なんて要らない」特集を巡って、インターネット上で「ヘイトスピーチではないか」との批判が相次いでいます。週刊ポスト編集部は9月2日19時、公式サイトに「週刊ポスト9月13日号掲載の特集について」とのお知らせを掲載し、「お詫びするとともに、他のご意見と合わせ、真摯に受け止めて参ります」と謝罪しました。



週刊ポスト 週刊ポスト9月13日号表紙(小学館公式サイトより)

 問題となっていた特集は、「『嫌韓』ではなく『断韓』だ」「厄介な隣人にサヨウナラ」といったキャッチコピーを掲げ、軍事、経済、観光、スポーツなどさまざまな観点から、韓国との付き合いを見直すという内容。特に批判の声が大きかったのが「『10人に1人は治療が必要』――怒りを抑制できない『韓国人という病理』」という記事で、「民族ヘイトそのもの」「小学館は潰れてもいい」など、強い批判の声が多くみられました。

 また、批判は連載作家らからもあがっており、中でも同誌でリレーコラムを執筆していた作家の深沢潮さんは、「このたびの記事が差別扇動であることが見過ごせず、リレーエッセイをお休みすることにしました」と、コラムの執筆休止を表明。他にも葉真中顕さんや柳美里さんをはじめ、同誌と関係のある作家から次々と非難の声があがりました。

 こうした流れを受け、週刊ポスト編集部は2日、公式サイトで謝罪コメントを掲載。今回の特集について「混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたものですが、多くのご意見、ご批判をいただきました」と説明しつつ、中でも「怒りを抑制できない『韓国人という病理』」記事に関しては、「韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました」と謝罪しました。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響