ニュース
» 2019年09月03日 16時17分 公開

ロボットアニメのパイロットになれる ロボに乗った感覚を味わえる遠隔操縦システムを大学生が開発

オリジナルハードウェアコンテスト「GUGEN2019」など、さまざまな展示会への参加を調整中とのことです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ロボットに乗り込んで操縦する感覚を味わえるシステム「RemoteCockpit」が、大学生の手で開発されました。密閉式のコックピットに乗り込んで3輪走行式のロボットを操縦し、機体からの眺めをモニターで見られる仕組み。敵機との戦いも楽しめます。


コックピット 操縦席には、2本のスティックと27インチのメインモニター、ステータス表示用の13.3インチサブモニターなどを搭載

車体 操縦するロボット。3輪で自由に走行します

映像 機体からのカメラ映像や、各種センサーの値を頼りに操縦。通信の遅延は0.1秒以下とのことです

 ラジコン戦車サイズのロボットには、ドローン用の小型カメラや無線通信モジュールを内蔵。赤外線LEDと赤外線センサーを用いた対戦システムを備えており、自動砲台や他のプレイヤーと撃ち合えます。サブモニターには、ダメージやエネルギー残量などのステータスが常に表示され、ロボットアニメのパイロット気分を存分に味わえそう。


スティック 操縦に必要なボタン等は2本のスティックに集約

発射 LEDで攻撃の判定を行います

タレット 固定砲台との撃ち合い

サブモニター 雰囲気たっぷりのサブモニター

 開発者は「ロボットを作る文系」を名乗る、経済学部3年生のいんたぶ(@interb_)さん。多くのロボットアニメで用いられている、パイロットが周囲の環境を直接視認せず、外界から隔絶された環境でモニターなどから情報を得ている設定からヒントを得たそうです。

 RemoteCockpitは、オリジナルハードウェアコンテスト「GUGEN2019」など、さまざまな展示会への出展を調整中。将来的には商業化を目指しているとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ