ニュース
» 2019年09月05日 19時30分 公開

涙の代わりに宝石が出る少女 瞳を閉ざした彼女の目になろうとする少年の漫画がぐっと来る

この涙は尊い涙。

[林美由紀,ねとらぼ]

 涙の代わりに目から宝石を流す少女が、恋人の献身によって本物の涙を流す物語『君の目になりましょう』に、多くの読者も涙を流しています。


君の目になりましょう 宝石の涙を流すことが嫌で、瞳を閉ざしてしまった少女

 人の感情が高ぶったときに流れるのは涙。しかし、涙の代わりに宝石が出てくるアリーという女の子がいました。その特異な体質について、まわりの人の欲深い言葉に悩みます。そして、目を開かなければ宝石が出ないのだからと、ついに目を閉ざすことを選択するのです。

 目を開けなくなって5年の年月がたち、親が3人目の交際相手、カルネをつれてきます。今までの交際相手と同じように宝石が目当てだろうと思うアリー。しかし、カルネは今までの相手とは違い、彼女をよく町に連れ出し、いろいろな話をしてくれたのです。


君の目になりましょう01 目から宝石が出る少女へ向けられた欲深い言葉


君の目になりましょう02 彼は今までの交際相手とは違った

 ある日、なぜ自分と交際しているのか問うと、彼は貧しかったころに出会った女の子の話をします。彼女にエメラルドをもらい、その優しさと美しさに恋をし、一生恩を返し続けたいと思った、と。何年も前のことなのに、カルネがずっと自分を探してくれたことに、アリーは本物の涙を流します。そんな彼女にカルネは、「君が目をつむり続けるのならぼくが君の目になりましょう」と告げるのでした。


君の目になりましょう03 2人は過去に出会っていたのです


君の目になりましょう04 宝石ではなく本物の涙を流す彼女

 2人が出会ったときの話も公開されており、こちらはカルネの視点で描かれています。ある日、お腹を空かせた自分にエメラルドをくれた女の子。「何が目的だよ!」と疑いの目を向ける彼に、「誰かを助けるのに理由なんていらないでしょ」と笑顔を向けた少女。カルネはその温かさを感じ、いつか生きて彼女に会うまで何が何でも生きてやると心に誓ったのでした。


君の目になりましょう05 カルネがアリーに出会ったときのお話


君の目になりましょう06 優しい笑顔で助けてくれたアリー


君の目になりましょう07 いつか彼女に生きて会うと誓う少年


君の目になりましょう08 だからこそのこの言葉

 人を信じられなくなっていたアリー。でも過去に自分が助けたカルネが本当の優しさと強さをもって再び目の前に現れたことで、心を動かされ宝石ではなく本物の涙を流すことができたのかもしれません。2人にはぜひ幸せになってほしいですね。

 読者からは「とても美しいお話で大好きです」「助けたいのに理由がいらないってのもいいし、ちゃんと生きて恩を返しに行くのもカッコいい」「最後に流すのはどんな宝石より尊い涙……」などのコメントが寄せられています。

 作者の葵日向(@gennkinauma)さんは、Twitterpixivで作品を投稿しており、『少年マガジンエッジ』で『ギャル魔女と猫』を連載。『貴様の攻めはなまぬるい』『平山さん家の鬼嫁さん』も手掛けています。

画像提供:葵日向(@gennkinauma)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.