ニュース
» 2019年09月05日 21時34分 公開

日本将棋連盟、加藤結李愛女流初段の対局をテーブル・椅子で実施することを決定 ネットでは「英断」「これからの流れに期待」の声

将棋界も椅子対局が当たり前の時代となるか。

[宮原れい,ねとらぼ]

 日本将棋連盟は9月4日、先天性の筋疾患を患う加藤結李愛女流初段の対局をテーブル・椅子で実施することを発表。ネットではその判断と対応に「英断」「素晴らしい配慮」と好意的な声が寄せられています。



 将棋の公式戦では現在、椅子での対局は朝日杯将棋オープン戦での公開対局など一部に限られており、畳に正座が基本となっています。今回の発表によると「本人とご家族と相談の上で東京・将棋会館、関西将棋会館での対局はテーブル・椅子で対局を行うこと」が決定したとのこと。

 将棋ファンからは「ご家族の心配が和らぐ素敵な決断」「遅きに失した感もあるが英断」と支持する声が寄せられており、同様に加齢などで足腰が悪く正座が辛い場合などにも“椅子対局”が選択できるようになればいいといった声も。「これからの流れに期待」「新しい時代の幕開け」と、今回の対応をきっかけとした変化に期待するファンは少なくないようです。


加藤結李愛 女流初段 対局 テーブル 椅子 実施 日本将棋連盟 筋疾患 加藤結李愛女流初段(日本将棋連盟の女流棋士データベースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.