ニュース
» 2019年09月06日 08時30分 公開

「これは知能犯」「開発者は猫を甘くみていた」 タイマー式給餌器を知恵で開けてしまう賢い猫ちゃん

6年の集大成。

[k村,ねとらぼ]

 「愛猫ちゃんのためにタイマー式給餌器を置いていたら、いつのまにか自分で開ける知恵をつけてしまった……」という動画が話題になっています。猫の賢さは無限大だこりゃ。



 ダンサーの永野沙紀(@KuronekoGeete)さんが一緒に暮らす猫ちゃん。日中家に誰もいないため、タイマー式の餌やり器を置いていたところ、時を経て自分で開けてしまうテクニックを身につけてしまったようです。にゃんとまあ賢いのでしょう!

 おもむろに給餌器に近づき、慣れた手つきで右手をタイマーのダイヤル部分に置く猫ちゃん。一体何をするのかと思いきや……?


ALT 右手をぽんっ

 右手を置いたまま、上半身をうかせて器用にからだを回転させていきます。なるほど、これでタイマーのダイヤルを回しているのね!


ALT 右手を置いたまま体を浮かせて……

ALT ダイヤルに体重をかけて回りまーす、ぐーるぐる

 2回転ほどしたところで、ダイヤルが回り時間がたったと勘違いした給餌器。フタがパカッと開いてしまいます。「よしきた!」とばかりに、中に入ったごはんを食べ始める猫ちゃん。永野沙紀(@KuronekoGeete)さんの投稿によると、約6年の歳月を経て、給餌器のフタを開ける知恵を身につけたとのこと。日々観察を重ね、給餌器のからくりを解き実行に移してしまうなんて……。人間が猫さんに好き放題やられているのも仕方ないな、なんて思ってしまう賢さです。


ALT ぱかっ

ALT いただきまーす

 投稿には「開発者は猫を甘くみてたな」「これだけ賢くなるなら、昔の人が猫またになると恐れたのもうなずける」「猫にも観察力があるのがすごい」など、猫ちゃんの聡明さに感嘆する声が寄せられました。かわいさも賢さも、われわれ人間の予想を簡単に上回ってしまう猫ちゃんたち。一体、どこまでいってしまうのか……その動向から目を離さぬよう、もっともっとかわいがってあげましょうね。




画像提供:@KuronekoGeeteさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐