ニュース
» 2019年09月06日 17時27分 公開

おや!?、PDFのようすが……最新版で「6360ページのPDF」にレベルアップ 国のキャッシュレスポイント還元PRサイト

どこまで行くのでしょうか。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 10月1日の消費税増税に合わせて始まる国の「キャッシュレス・消費者還元事業」をPRする公式サイトで、「登録加盟店一覧」のPDFファイルが9月6日、最新版に更新され、総ページ数が6360ページになりました。これまでの3608ページも「長い」と話題になりましたが、さらに約1.8倍になっています。

フォト 最新版PDFの終点は「6360ページ」
フォト 「登録加盟店一覧はこちら」の下に「9月中下旬には、地図上で対象店舗を表示するウェブ機能やアプリを公表予定」の文言が加わっています

 「キャッシュレス・消費者還元事業」は、キャッシュレス決済で支払うと金額の最大5%を国がポイントで還元するもの。制度をPRする公式サイトのコンテンツの1つが「使えるお店を探す」ですが、「登録加盟店一覧はこちら」というリンクをクリックすると、のべ18万店を網羅した全3608ページのPDFに即座に飛ばされてしまうことが話題になりました(関連記事)。

 9月6日に更新された最新版では、このPDFが6360ページにレベルアップし、だいたい「広辞苑」2冊分になりました。掲載店舗数は固定店舗が23万2391店、楽天市場が2万2074店、Yahoo!ショッピングが2万447店、その他6889店──と、のべ約28万店に増えています。ファイルサイズも前のバージョン(20.1MB)から10MB大きい30.3MBです。

 9月5日時点の加盟店登録申請は全国で約58万店。今後これを1ファイルで全て網羅すると、PDFファイルは1万ページの大台を超えてくるかもしれません。

フォト 固定店舗は約23万店を掲載。ここでPDFは5536ページ
フォト 9月5日時点で加盟店登録申請数は約58万店(「キャッシュレス・消費者還元事業」公式サイトより)

 さすがにこの状況はアレだと思ったのか、経済産業省は9月6日のニュースリリースで、「9月中下旬には、地図上で対象店舗を表示するウェブ機能やアプリを公表するなどして、消費者向け広報を本格化していきます」と発表しています。

 ただ、9月4日には、3608ページバージョンの掲載店約18万店を速攻で一覧化し、検索できるようにした「キャッシュレス還元マップ」を家計簿アプリのZaimが公開しています(関連記事)。さまざまな事情はありそうですが、こうした民間企業の腰の軽さとは対照的ではあります。

フォト ZaimがPDFファイルをもとに公開したキャッシュレス還元マップ。1日でできたとのこと

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.