ニュース
» 2019年09月06日 21時35分 公開

相鉄・JR直通線が開業、JR東日本が11月ダイヤ改正 海老名→大宮・川越の長距離直通列車も誕生

埼京線は快速停車駅を見直し。

[少年B,ねとらぼ]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)は9月6日、相鉄・JR直通線(関連記事)の開業と埼京線利便性向上に伴うダイヤ改正を2019年11月30日に行うと発表しました。

相鉄のJR直通線用新型車両「12000系」
11月30日に開通する「相鉄・JR直通線」の路線図 「相鉄・JR直通線」の路線図

 11月30日に開業する相鉄・JR直通線は、相鉄本線の西谷駅から分岐し、羽沢横浜国大駅までの2.1キロ(営業キロ)を経てJR線と接続する新路線。同日に開業する羽沢横浜国大駅の先から東海道貨物線、JR横須賀線、JR埼京線を通ってJR新宿駅までに至る直通運転が実現します。

 列車は相鉄本線海老名駅からJR埼京線の新宿駅間で相互直通運転。ただし朝の一部列車には、海老名から大宮、川越まで、あるいは武蔵浦和から海老名まで行く長距離直通列車も登場します。運転本数は1日46往復(92本)。1時間当たりの本数は朝のピーク時が4本程度、その他の時間帯は2〜3本程度です。

 列車種別は相鉄線内で特急と各駅停車を設定しますが、JR線内ではどちらも各駅に停まります。また相鉄・JR直通線の開業に併せて、相鉄西谷駅が特急停車駅になります。JR線区間の東海道貨物線は途中、鶴見駅、新川崎駅を経由しますが、貨物線にはホームがないことから武蔵小杉駅までノンストップで運行します。

相鉄・JR直通線電車の停車駅 相鉄・JR直通線電車の停車駅
相鉄・JR直通線電車の停車駅 早朝時間帯は海老名→大宮・川越まで行く列車も

 相鉄二俣川駅〜JR新宿駅間の所要時間は最速達列車で44分。2019年9月現在の所要時間から約15分の時間短縮効果が見込めます。

 定期券利用者は経路の指定変更が必要です。現在の横浜駅経由である定期券では相鉄・JR直通線には乗れません。

Suica定期券、PASMO定期券は2020年春から自動精算になる Suica定期券、PASMO定期券は、2020年春から自動精算に対応予定

 使用車両はJR東日本が「E233系電車(10両編成)」、相鉄が「12000系電車(10両編成)」。平日の上り列車のうち、大崎駅7時20分〜9時30分着の便は海老名〜大崎間で10号車が女性専用車両となります。直通列車は9号車を弱冷房車とし、これに沿って埼京線、りんかい線の列車も10月1日から弱冷房車を4号車から9号車に変更します。

相鉄・JR直通線に使用される車両。相鉄の電車が初めて都内に乗り入れます 相鉄・JR直通線に使用される車両

埼京線はパターンダイヤ化 一部区間では本数削減も

 埼京線は早朝時間帯の池袋駅〜新宿駅間を3往復増発し、新宿駅を発着する初電の時刻を繰り上げることで、早朝時間帯の川越・大宮方面〜新宿方面への利便性が向上します。朝通勤時間帯は新宿駅〜大崎駅間も2往復増発します。

 さらに、日中帯のダイヤをパターン化し、運転間隔が均等になります。快速列車の停車駅の見直しも行われ、これまで通過していた中浦和駅、南与野駅、北与野駅にも停車することで、武蔵浦和駅−大宮駅間は各駅停車となります。

快速列車の武蔵浦和駅−大宮駅間は各駅停車となり、所要時間は3分増加 快速の武蔵浦和駅〜大宮駅間は各駅停車になる。所要時間は3分増える

 それに伴い、武蔵浦和駅〜大宮駅間の各駅停車は毎時3本削減。ただしパターンダイヤ化によって、最大16分間隔だった同区間の運転間隔はおおむね10分間隔に縮まります。

武蔵浦和駅−大宮駅間では各駅停車が3本削減 武蔵浦和駅〜大宮駅間では各駅停車が3本削減

 夕夜間帯では川越行き最終列車が5分遅くなります。

大崎駅〜新宿駅間では毎時6本、新宿駅〜赤羽駅間では毎時12本の運行 大崎駅〜新宿駅間では毎時6本、新宿駅〜赤羽駅間では毎時12本の運行

少年B

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.