ニュース
» 2019年09月09日 07時30分 公開

広告代理店勤務の女性が漫画で告白 彼女を追いこんだパワハラと長時間労働の実態

命にかかわるほどの壮絶な話です。

[黒田順一郎,ねとらぼ]

 広告代理店に勤務する女性が、自身が受けたパワハラを漫画にしてTwitterに投稿し、話題になっています。

生活が破壊されていく 小さな違和感から、生活が破壊されていくことに

 この漫画の作者は、広告女子ぱすた(@pastayade)さん。彼女がパワハラを受けるようになったのは、S先輩の下で仕事をするようになってからでした。

 ある日、先輩と残業をしていると、ふと声をかけられました。「なあ、ぱすた。ちょっといい? お前……やる気あるの?」。S先輩は成績がよくて人望もあつかったため、ぱすたさんは彼のことを尊敬していました。「すみません」と素直に謝ると、「ま、俺がお前をしっかりとしごいてやるから、ついて来いよ!」と、このときはまだ良い先輩だと思っていたそうです。しかしこのやりとりが、悪夢の始まりでした。

S先輩のチームに配属されたのがきっかけだった S先輩のチームに配属されたのがきっかけだった

 その後、ぱすたさんの生活から休みの概念が消えました。夜中の11時に「今から会社に戻るから打ち合わせな」と電話が来たり、午前2時にラーメン屋に連れていかれ「これ食って朝まで仕事な」と言われたり。無給での休日出勤を強要されたり、飲み会も仕事のうちと断れないよう追い込まれたり。

 数ヶ月もすると、頭の回転が鈍くなり、ミスも増えていきました。しかし、少しでも認めて欲しくて、ぱすたさんは毎日寝る間を惜しんで頑張っていました。

最初は、良い先輩だと思っていた 最初は、良い先輩だと思っていた

 ある飲み会の帰りぎわ。他の人たちと別れてから、先輩はぱすたさんにこのようなことを話しました。

 「お前がトイレに行ってたとき、さっきの人たち、お前の悪口言ってたぞ。お前が俺に仕事ブン投げて、俺が尻拭いしてるって。周りからはそう見えるんだよ。俺ももっとお前に厳しくしないとな」。既に夜中の2時をまわっており、連日の睡眠不足もあり眠くてしかたなかった状態で投げかけられた言葉でした。そしてその日から、S先輩のパワハラはさらに激しくなりました。

昼夜土日問わず、電話がかかってくる 昼夜土日問わず、電話がかかってくる

 退社するのは午前4時ですが、3時間後の午前7時にはまた出社しなければなりません。目は充血、食欲は減り、生理も止まってしまったそうです。仕事はどんどん雑になり良い企画も出せなくなって、悪循環に陥りました。

 もう何週間寝ていないかも分からない――限界が近づいていたころ、ぱすたさんは社外からとある電話を取りました。「すみません、御社のSさんの案件で、前払い金300万円が入金日を過ぎているのに支払われていないのですが……」。S先輩に電話を回したところ、彼はこのように返答しました。「すみません、この件はぱすたの担当だったんですけど」……。

 ぱすたさんは、この案件とはまったくの無関係でした。S先輩は、このことを局長にも報告し、完全にぱすたさんのミスとして責任を転嫁してしまったのです。さらに彼は、ぱすたさんが声をあげないようにと仲の良い役員のことも持ちだし口封じまでしました。

関係なかったミスを押し付けられたことがきっかけで、心身を壊した 関係なかったミスを押し付けられたことがきっかけで、心身を壊した

 以来、ぱすたさんは心身を崩して、S先輩のチームを外れました。ぱすたさんは現在も同じ仕事を続けているそうですが、チームから外れたのが幸いだったのか、今ではなんとか回復したそうです。しかし、その後S先輩の下についたぱすたさんの後輩が、さらに酷いパワハラを受けて、この春に退職しています。

 「少しでも、S先輩の様な人が業界から減ることを祈るばかりです」――漫画の最後は、この一文で締めくくられています。

 この壮絶な投稿に、たくさんの反応が寄せられています。「もしも私がその立場なら無断欠勤して逃亡してます」「残念ながら、こういう方は減らないですよね…。積極的に避けるしかないと思います」「これ本当の話なんですか!? 法律とかどうなってるんだろう」。ぱすたさんはまめに返信していて、仕事そのものは好きなこと、明らかに法律違反であっても社内では当たり前になっていること、当時はパワハラとすら気づかず、これが当たり前だと「洗脳されていた」ことなどをつづっています。

 2016年には、大手広告代理店「電通」に務めていた高橋まつりさんが過労を苦に自殺してしまった事件がありました。その高橋まつりさんの母親が、この漫画にコメントを残しています。「娘のことかと思いました。やる気あるの?ってところ以外まつりパターンとそっくりそのままです。(中略)部署異動になって良かったですね。就活生にも警告を」。

 また、ぱすたさんも次のように語っています。「各代理店に若手の友人がいますが、皆全く同じような経験をしているので、業界全体がそんな感じなのかもしれません」。いずれにせよ、同じような状況に直面している方は、このような労働が違法だということを認識したうえで、自分の体にとって最善の対処をしてください。

画像提供:広告女子ぱすた(@pastayade)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」