レビュー
» 2019年09月09日 11時10分 公開

海外在住のバツイチ外国人彼氏が離婚していなかった! 明らかにダメな恋愛を吹っ切れない相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト (1/2)

単純に遊ばれたってことですよね?

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。別れて半年ほど経つ外国人の彼がどうしても忘れられないという相談。しかしその元彼は……。


テレフォン人生相談 パーソナリティ:加藤諦三(評論家)、今井通子(作家・登山家)、ドリアン助川(作家・ミュージシャン)、柴田理恵(女優・タレント) イラスト/北村ヂン

バツイチだと言っていたのに離婚していなかった外国人彼氏

 相談者は32歳の独身女性。別れた外国人の彼氏は33歳。

 彼との出会いは、友人に勧められた外国の人と出会うためのSNS(マッチングサービスか?)。プロフィールをアップしたところ、彼の方からアプローチしてきて、月に1〜2回会うような付き合いがはじまったという。

 「その、会う場所というのは喫茶店かなんか?」

 いやいや加藤先生、今時、30代の男女が逢い引きするのに喫茶店はないだろう。当然、お互いの家を行き来するような付き合いだ。

 「アナタのひとり住まいの家に来ていたってことは……。そうすると当然、32歳と33歳ですから、肉体関係もあった?」

 そりゃあるよ! 加藤先生の昭和な貞操観がいちいちかわいらしい

 彼がバツイチだとは聞いていた相談者だが、付き合ってから半年ほど経った頃、念のため離婚証明書を見せて欲しいと迫ったところ、普段とても冷静な彼がメチャクチャ動揺し、つじつまが合わない説明を繰り返したという。要は離婚していなかったのだ。

 「彼は、こういうこと言っちゃ失礼ですけども、単純に遊びに来てたってことじゃないの? 相手に遊ばれたっていうことですね?

 ド直球!

 しかも、この彼は海外に住んでおり、月1〜2回会うというのも、飛行機に乗って行き来していたというのだ。

 相談者が彼の国まで会いに行くのと、彼が日本に会いに来るの、どっちのケースが多かったのか? もしや彼は出張などでチョイチョイ日本に来ており、その時の遊び要員として相談者と付き合っていただけなんじゃないのか……? その辺の情報は未確認だが、要するに現地妻扱いだったということなのだろう。

 こんな、どう考えても未来の見えない恋愛。一度は相談者の方から別れを切り出したものの、半年経った今でも彼への気持ちが断ち切れていないという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐