ニュース
» 2019年09月09日 16時47分 公開

ソフトバンク、機種購入代金が最大半額になる新プログラム「半額サポート+」提供へ

従来の「半額サポート」および「機種変更先取りプログラム」は、「半額サポート+」提供開始に伴って受付終了に。

[ねとらぼ]

 ソフトバンクは9月13日より、機種購入代金が最大で半額になる新プログラム「半額サポート+(プラス)」を提供すると発表しました。従来の「半額サポート」および「機種変更先取りプログラム」は、「半額サポート+」提供開始に伴って受付終了となります。

 対象のスマートフォンやタブレットを48回払いで購入し、25カ月目以降に指定の方法で新機に買い替えた場合、旧機種の残債が免除されるというプログラム。25カ月目で指定機種に買い替えた場合がもっともお得で、最大半額OFFになります。また、プログラムの利用料として月額390円(不課税)×24カ月(=合計9360円)の支払いが必要となるほか、旧機種の回収および回収・査定条件を満たすこと(※)などが条件となります。

※旧機種が査定条件を満たさなかった場合、2万円(不課税)の支払いが必要。「あんしん保証パック with AppleCare Services」「あんしん保証パック」「あんしん保証パックプラス」に加入している場合は2000円(不課税)

 また、同プランはソフトバンクユーザー以外でも利用可能。他社ユーザーの場合は9月26日から受付開始となりますが、その他の条件はソフトバンクユーザーの場合と変わりません。


ソフトバンク 半額サポート+

ソフトバンク 半額サポート+

ソフトバンク 半額サポート+

ソフトバンク 半額サポート+

ソフトバンク 半額サポート+

※画像はプレゼンテーション資料より




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.