ニュース
» 2019年09月09日 18時00分 公開

うほぉかっけぇぇ!! ビアンキ、近未来デザインのe-bike「e-SUV」発表、エッジ効かせまくりでメカメカしさ噴出【写真17枚】 (1/2)

このメカメカしさ、好き。お値段は約80万円!!

[松本健多朗,ねとらぼ]

 イタリアの自転車メーカー大手、ビアンキは9月4日(現地時間)、新世代の電動マウンテンバイク「e-SUV」をドイツで行われたEurobike 2019で発表しました。

ビアンキ e-SUV ビアンキ・e-SUV(写真:ビアンキ、以下同)

 ビアンキは、伝統の青緑色「チェレステ」と共にロード、マウンテンバイク(MTB)のスポーツモデルから、クロスバイクやシティーサイクルなどまで幅広く展開するイタリアの自転車ブランド。今回発表したe-SUVは、欧州で活況の電動アシストユニットを内蔵したスポーツ自転車「e-bike」市場に向けた同社の戦略的e-MTBと位置付けられます。

 e-SUVは、前後にたっぷりストロークのサスペンションとディスクブレーキシステムを備えつつ、エッジを鋭く効かせた近未来風のデザインを採用。そこにシマノの電動アシストユニット「STEPS E8000」とバッテリーを内蔵しました。利用シーンに合わせて、競技向けの「Race」、悪路走行やレジャー向け仕様の「Rally」「Adventure」の3グレードを用意します。

「Rally」「Adventure」グレードには内蔵式ヘッドライトを搭載 「Rally」「Adventure」グレードはヘッドライトも内蔵
フロントから見た場合 フロント

 切り立つような尖峰や岩塔のある北イタリアの山地「ドロミテ」。鋭く攻撃的、かつ近未来風のメカメカしいフレームデザインはここから発想を得て誕生しました。フレームはカーボン製。Rally、Adventureグレードには快適なナイトライドに向けたヘッドライトとテールライトもフレームに内蔵しています。

720Whの内蔵式バッテリー 720Whの大容量バッテリーを搭載
近代建築からインスピレーションを受けたエアインテークシステム 近代建築の空調システムの仕組みに発想を得たという冷却システムも実装

 電動ユニットは最大トルク70Nm/定格出力250Wの「シマノ・STEPS E8000(海外市場向け)」を採用。720Whのバッテリーをフレームに内蔵する仕様で、出っ張りのないスマートなデザインを実現します。建築の空調システムの仕組みに発想を得たという独自設計のエアインテークシステムによる電動システム冷却の仕組みも搭載。ハイテクを好む層の物欲もくすぐります。

 価格は6790ユーロ(約80万円)から。日本販売は2019年9月現在、未定です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.