ニュース
» 2019年09月09日 19時45分 公開

2019年秋、ダークで怪しい「ディズニー・ハロウィーン」がやってきた!邪悪な力からハロウィーンを取り戻せ!

妖艶なシー? コワかわいいランド?

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 東京ディズニーリゾートでは2019年9月10日〜10月31日の52日間、秋のスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」を開催します。東京ディズニーランドではおなじみとなった“ゴースト流”のハロウィーンを開催。そして18周年を迎えたばかりの東京ディズニーシーでは今年初の“ダークで怪しい”ハロウィーンをテーマに、一新したイベントとして開催されることが決定しました。

 台風一過の東京ディズニーリゾートで開催されたプレスプレビューの様子をレポートしましょう。

ディズニー・ハロウィーン 東京ディズニーシー「ディズニー・ハロウィーン」開催中

東京ディズニーシーのハーバーが邪悪に染まる「フェスティバル・オブ・ミスティーク」

 まずは東京ディズニーシー。パーク中央のメディテレーニアンハーバーでは「フェスティバル・オブ・ミスティーク」を初開催します。ミッキーマウスやディズニーの仲間たちが、魔王の復活をたくらむ海の魔女にだまされ、ポルト・パラディーゾのハロウィーンの祝祭に参加しますが、時すでに遅し――ミッキーマウスは邪悪な力によって捕らえられてしまいます。果たして、華やかなハロウィーンを取り戻すことはできるのでしょうか?

フェスティバル・オブ・ミスティーク 怪しげなダンサーたちが登場、怪しいハロウィーンとなるか、それとも……

 長年の東京ディズニーシーファンならば思わず声を上げてしまうような演出もあり、フレッシュな印象を与えるショーに仕上がっていました。両手を使ったダンスは皆さんも参加できる仕組み。さあ、あなたは“どの”ダンスを選ぶ……?

フェスティバル・オブ・ミスティーク ミッキーももちろん登場、しかし彼はその後捕らわれの身に?
フェスティバル・オブ・ミスティーク この地に伝わるダンス、その意味とは……

 東京ディズニーシーのハロウィーンはメニューでも楽しめます。あのうきわまんやスペシャルまんが登場。とってもボリューム感のある味でした。

ホライズンベイ・レストラン ホライズンベイ・レストランの「“セレクトファイブ”セット」、魔女の帽子形トルティーヤが飾られた焼き目が香ばしいグリルドビーフや、濃厚チョコとさっぱりミントホイップが好相性なおばけチョコ付きデザートなど、この時期だけの限定メニューをセレクトできます(2040円〜)
ノーチラス・ギャレー ノーチラス・ギャレーではミイラミッキーが肉まんに? シャキシャキした食感の「スペシャルまん」(600円)が登場。そしてシーサイドスナックでは、人気のメニューがハロウィーンテイストに変化した「スペシャルうきわまん」が登場しました(600円)

子どもも楽しめる楽しいハロウィーンを 「スプーキー“Boo!” パレード」開催の東京ディズニーランド

 東京ディズニーランドでは“ゴースト流の東京ディズニーランド”にディズニーの仲間たちを招待する「スプーキー“Boo!” パレード」が開催されます。このパレードは子どもたちでも十分楽しめる、ファンシーなハロウィーンが再現されています。よく見るとそれぞれのフロートは、東京ディズニーランドのなじみ深いアトラクションやシーンが基になっていますね。

スプーキー“Boo!” 東京ディズニーランド「スプーキー“Boo!” パレード」で楽しいハロウィーンをどうぞ

 また、エントランス近くのワールドバザールでは、夜の環境演出が期間限定のハロウィーンバージョンに変化します。これまでの歴代「ディズニー・ハロウィーン」楽曲と映像を使った演出で、エリアの雰囲気が一気に変わる瞬間をお見逃しなく。

ワールドバザール 夜のワールドバザールではこんな演出も!
ワールドバザール 多くのディズニー映画がモチーフになっています

ホテルのメニューでハロウィーン!

 ディズニーホテルでも、スペシャルイベントをモチーフにした本格的なメニューがそれぞれのレストランで登場します。

 ディズニーアンバサダーホテル「ハイピリオン・ラウンジ」では、ディズニー・ハロウィーンをイメージしたケーキとスペシャルドリンクが提供されます。スペシャルドリンクには栗のシロップが入っており、秋らしい風味を演出します。

ハイピリオン・ラウンジ 「ハイピリオン・ラウンジ」“ディズニー・ハロウィーン”スペシャルケーキセット

【公式】“ディズニー・ハロウィーン”ケーキセット | ディズニーアンバサダーホテル|東京ディズニーリゾート

 また、東京ディズニーランドホテル「シャーウッドガーデン・レストラン」では、ディナーブッフェがハロウィーンスタイルに変身。見た一瞬で秋の味覚を感じる料理がたくさん。もちろん、ディズニー・ハロウィーンでしか楽しめないデザートがたくさん用意されています。

シャーウッドガーデン・レストラン 「シャーウッドガーデン・レストラン」のブッフェメニューイメージ(メニューは一部変更される場合があります)

【公式】“ディズニー・ハロウィーン”ランチブッフェ/ディナーブッフェ | 東京ディズニーランドホテル|東京ディズニーリゾート

妖艶を選ぶか、それともコワカワイイを楽しむか

 今年も東京ディズニーリゾート2つのパークでは、ディズニー・ハロウィーンの期間中「フル仮装」を楽しむことができます。盛り上がる仮装民の様子は、後日公開予定のねとらぼGirlSide側の詳細レポートでどうぞ!

ディズニー仮装| 東京ディズニーリゾート

 東京ディズニーシー側はとうとうオープンした新アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」も大好評ですので、こちらもあわせて体験したいところ。東京ディズニーランド側は2018年と大きな変化はないものの、小さな子どもがいる家族ならば、かわいいハロウィーンを体験させてあげたいですよね。それに期間限定のスペシャルプログラム「ホーンテッドマンション“ホリデーナイトメアー”」も魅力的です。どちらを選ぶか迷ったとしても、ディズニー・ハロウィーンはどちらも正解。今年はあなたも着飾って参加してみてはいかがでしょうか。

ディズニー ハロウィーン こんなイケメンミッキーにも会えるかもしれませんよ?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」