ニュース
» 2019年09月10日 20時00分 公開

東京ディズニーシーのハロウィーンフードがフォトジェニック! 飲み歩きたいタピオカ&カクテルもかわいい (1/2)

名物フードもハロウィーン仕様に。

[あかいけまい,ねとらぼ]

 東京ディズニーリゾートでは9月10日から「ディズニー・ハロウィーン」イベントがスタート。ショーやパレードはもちろん、パーク来園時の醍醐味のひとつは食べ歩きですよね? ダークで妖しいハロウィーンの雰囲気満載なフードが盛りだくさん。東京ディズニーシーのハロウィーンフードを紹介します。

ディズニーシーのハロウィーンフード

おばけなフードはとってもフォトジェニック

 パークを歩きながら、あれ食べて、これ食べてとついつい欲張りたくなる……そんなゲストにおすすめなハロウィーンちっくなスナックフードです。

 人気のギョウザドッグがハロウィーン仕様で登場した細長い「スペシャルまん」は、ミイラに扮したゴーストが肉まんになっちゃったような見た目。包帯ぐるぐるな見た目がキュートすぎます。味はチキン&ベジタブルで、食べごたえあるチキンとシャキシャキとした食感が楽しいクワイやキャベツが入っています。野菜が苦手な子どもも食べられそう! プロメテウス火山の下、「ノーチラスギャレー」にて販売中(※期間中、「ギョウザドッグ」の販売は休止しています)。

ディズニーシーのハロウィーンフード スペシャルまん(チキン&ベジタブル) 600円

 プラス700円で、仮装したゴーストがハロウィーンを楽しむ様子がデザインされたかわいいカラフルなスーベニアポーチとセットにできます。

ディズニーシーのハロウィーンフード カラフルなスーベニアポーチ

 東京ディズニーシーといえばはずせないうきわの形の中華まん「うきわまん」も、怪しいハロウィーンバージョンになっています。通常はホワイトの生地にピンクのボーダー柄ですが、ダークカラーにコウモリというハロウィーンらしい見た目。味もエビからガツンと濃い味がうれしいテリヤキチキン入りに変わっています。ケープコッド側からポートディスカバリーへ向かう道にある科学者たちが大好きなスナックを販売する「シーサイドスナック」にて販売中です(※期間中、「うきわまん(エビ)」は休止しています)。

ディズニーシーのハロウィーンフード スペシャルうきわまん(テリヤキチキン) 600円

 おみやげにもなるスーベニアカップつきデザートも見逃せないところ。ブルーベリームース&カシスゼリーの甘酸っぱいスイーツです。とろーりなめらかなムースは口の中でとろけます。赤いソースにコウモリのチョコと不気味な見た目がハロウィーンらしいです。

 スーベニアカップにはハーバーショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」のコスチュームに身を包んだカッコいいミッキーやドナルド、グーフィーがデザインされています。メディテレーニアン・ハーバーにある「マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー」で販売しています。

ディズニーシーのハロウィーンフード スーベニアカップつきデザート

シーでもタピる!

 ちまたでも大流行しているタピオカドリンク。東京ディズニーシーのタピオカドリンクがハロウィーン仕様に変身登場です。

 「グレープタピオカティー」(販売:マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー)は、妖しい紫色ですが、お味はすっきりした紅茶ベース。グレープ味のタピオカとマスカットゼリーが秋らしいフレーバーです。

 「スパークリングブラックティータピオカドリンク」(販売:ハドソンリバー・ハーベスト)は定番のブラックタピオカ……と思いきやなんとスパークリングティーという変わり種。レモンピールも入って爽やかな飲み心地は暑さの残る秋の日にぴったり。

ディズニーシーのハロウィーンフード グレープタピオカティー 500円
ディズニーシーのハロウィーンフード スパークリングブラックティータピオカドリンク 450円

 ゼリー入りドリンクもセバスチャンのカリプソキッチンで販売中。2色のグラデーションがキレイな見た目ですが、混ぜるとなんとピンク色に変化するハロウィーンを感じるドリンクです。ピンクグレープフルーツとグレープゼリーで爽やかにごくごく飲めちゃいます。

ディズニーシーのハロウィーンフード ピンクグレープフルーツ&グレープドリンク 400円

飲み比べしたいアルコールドリンク

 ハロウィーンらしいカクテルが5種類登場。ちょっとつまめるおすすめフードと一緒に紹介します。

 アメリカンウォーターフロントエリアの「ニューヨークデリ」は、ディタのライチ風味とコーラの相性抜群なカクテル。爽快な一杯となっています。

 同店舗で買えるフレンチフライポテトは220円と手頃かつ、甘めな炭酸カクテルとの相性が間違いない組み合わせがおすすめです。ちなみに余談ですが、筆者はこれに加えてチキンや生ハム、エビなど食べごたえ抜群で低カロリーがうれしいデリサラダも一緒によく買います。おすすめです。

ディズニーシーのハロウィーンフード ディタコーク 680円
ディズニーシーのハロウィーンフード フレンチフライポテト 220円

 同じくアメリカンウォーターフロントエリアの「ドックサイドダイナー」はベリー系の果肉がごろごろなスパークリングカクテル。鮮やかなパープルカラーのスパークリングドリンクは酸味と甘みがちょうどいい爽やかな飲みごこちです。ケーキとプチシューがセットとなっているミニデザートも販売しており、甘いもの好きにはたまらない組み合わせです。

ディズニーシーのハロウィーンフード スパークリングカクテル(ブルーベリーリキュール&グレープドリンク) 680円
ディズニーシーのハロウィーンフード ストロベリークリームケーキ&プチシュークリーム 390円

 向かい側の店舗「バーナクルビルズ」はウィスキーベースのオレンジカクテルです。ハロウィーンといればオレンジカラーは外せない色味。ウィスキーにブラックティーとオレンジジュースでさっぱりとした味です。

 バーナクル・ビルズ自慢の骨付きソーセージはお酒との相性最高。あふれ出る肉汁たっぷりなソーセージに柑橘(かんきつ)のドリンクはついつい進んじゃう組み合わせ。

ディズニーシーのハロウィーンフード ウィスキー&オレンジカクテル 680円
ディズニーシーのハロウィーンフード 骨付きソーセージ 370円

 メディテレーニアン・ハーバーの「カフェ・ポルトフィーノ」ではハーバーショー「フェスティバル・オブ・ミスティーク」に登場する海の魔女をイメージしたカクテルを提供しています。白ワインベースのスパークリングカクテルですが、パッションフルーツやカシスによる酸味がアクセントになる一杯です。おつまみはサラミやソーセージが一皿になったコールドミートの盛り合わせとの相性がばっちりです。

ディズニーシーのハロウィーンフード ワインカクテル(カシス&パッションフルーツ) 680円
ディズニーシーのハロウィーンフード コールドミート盛り合わせ 500円

 ロストリバーデルタの発掘場所近くにある「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」はフルーティーな白ワインベースのカクテルが登場。マンゴー、メロン、スイカのフルーツボールがぜいたくに入った一杯です。ソーセージ、チョリソー、フライドポテト、チーズの盛り合わせも一緒に頼みたい!

ディズニーシーのハロウィーンフード スパークリングカクテル(ワイン&フルーツ) 680円
ディズニーシーのハロウィーンフード アソーテッドスナック 550円
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ