ニュース
» 2019年09月10日 23時25分 公開

AbemaTV「ブスはいくらで脱いじゃうのか?」企画にSNSで批判が集中 番組では金額をランキング形式で発表 (1/2)

うーーーーむ。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 AbemaTVで9月9日に放送された番組「おぎやはぎの『ブス』テレビ」がSNS上で批判を集めています。番組は放送日から1週間、無料で配信中

画像は番組ページより(加工は編集部によるもの)

 問題となっているのは、番組内の「ブスはいくらで脱いじゃうのか?」というコーナー。番組内では雑誌の取材と称して、偽のスタッフが女性6人に個別インタビュー。取材の最後に「ヌード撮影をするとしたらいくらなら脱ぐか?」と問いかけ、その金額をランキング形式で発表。コーナーの終盤には、「出版社のみなさん、リーズナブルな女の子もいますので、オファーお待ちしてます」とナレーションが流れる一幕もありました。

 また、AbemaTV公式Twitterでは「ブスにヌードのオファーがあったら…いくらで脱いでしまうのか大検証😘 『〇〇万円!』ブスの口から驚きの金額が飛び出す!!」との告知ツイートも。


 こうした内容にTwitter上では、「局内で1人もこういう企画は問題だと意見した人はいなかったんでしょうか」「美醜に関係なく尊厳はある」「『地上波で出来ないこと』を履き違えている」といった、批判意見が目立ちました。

 同番組ではかねてよりルッキズム(容姿に基づく差別)的な笑いが賛否を呼んでおり、今回の企画はそれがより先鋭化し、いつも以上の批判を浴びた格好。反響を受けて、今後の笑いの質に変化が見られるのを期待したいところです。

追記(9月11日21時01分)

 ねとらぼ編集部からAbemaTVの広報窓口に番組について取材を申し込んだところ、次のような回答がありました。

ねとらぼからの質問

1, どのような趣旨で企画したのか
2, 番組の責任者はこの内容で問題ないと判断したのか
3, ドッキリであるとのネタばらしの後、出演陣は番組の趣旨を把握した上で出演・配信を了承していたか
4, 収録後、出演者からのクレーム等はなかったか
5, 今回の企画に対するSNS上などでの批判意見は把握しているか。またそれについてはどのように考えているか

AbemaTV広報からの回答

この度いただいた視聴者のみなさまからの貴重なご意見はひとつひとつ拝見しております。
「AbemaTV」では、制作者、クリエイターのクリエイティビティや想像力を尊重し、過度な自主規制をすることなく、番組制作をしておりますが、今回いただいたご意見を真摯に受け止め、今後の番組およびサービスづくりに活かしてまいります。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた