ニュース
» 2019年09月11日 21時00分 公開

もういない愛猫が“見えた”気がしたお盆 心霊現象に救われた実体験漫画に「信じたい」「涙が止まらない」の声 (1/2)

切ないけれど温かくもなるお話。

[宮原れい,ねとらぼ]

 「にゃんこちゃん あそこにいるよ!」――漫画家の若菜(@wakanatwi)さんがこの夏に体験したお化けの話がTwitterで「涙が止まらない」「心が温かくなった」と話題になっています

この夏体験した お化け 漫画 猫 姪っ子 見える 亡くなった 心霊現象 救われた おばけが”見える”姪っ子さんが見たのは……

 以前に妹さんから「うちの子お化け見えるんだよ」と、少し怖い話を聞いていた若菜さん。お化けが苦手なのでその時は心の中で否定していましたが、それからしばらくしてお盆にその姪っ子さんが家に遊びに来たとき、不思議な体験をします。


この夏体験した お化け 漫画 猫 姪っ子 見える 亡くなった 心霊現象 救われた お化けを特に信じていなかった若菜さん

この夏体験した お化け 漫画 猫 姪っ子 見える 亡くなった 心霊現象 救われた 家にやってきた姪っ子さんが“見た”のは……?

 「にゃんこちゃん!」と、家に入ってから見つけたように話す姪っ子さん。しかし、若菜さんの愛猫「はなちゃん」は2週間前に亡くなっており、「にゃんこちゃん、もういないんだ…」とやさしく返します。それでも姪っ子さんは、ウソじゃないとばかりに「にゃんこちゃん あそこにいるよ!」と言い、とある場所を指すのでした。


この夏体験した お化け 漫画 猫 姪っ子 見える 亡くなった 心霊現象 救われた 霊が見える姪っ子さんが指を指したのは、亡くなった愛猫のお気に入りの場所

 驚いて見た場所は、夏になるとはなちゃんがいつも涼んでいたお気に入りの場所。その瞬間、姪っ子さんの言葉通り、今度は気持ちよさそうに寝転んでいる愛猫の姿が見えた気がしたという若菜さん。亡くなる前、はなちゃんは治療の難しい脳腫瘍を患い、緩和ケアをするも最期に見たのは苦しみながら逝った姿だったそうです。「ごめんね。治してあげられなくてごめんね」というはなちゃんへの思いのあった若菜さんは、その家でくつろぐ姿に「もう苦しくないんだね」と涙ながらにポツリ。「お化け否定派の私ですが この話は信じたい」と、心霊現象に救われたお話として共有しています。


この夏体験した お化け 漫画 猫 姪っ子 見える 亡くなった 心霊現象 救われた これは信じたい……!

 コメントでは、大切な愛猫や愛犬を亡くした経験のある人から「来てくれてるかもしれないと思えました」「救われました」と、そのお話に感動したことと感謝を伝える声が寄せられ、また同様の“心霊現象”を体験した人から「これはある」「信じてます」の声も上がっています。

 ちなみにはなちゃんとの出会いも暑い夏の日で、まだへその緒がついた小さい子猫だったはなちゃんは紙袋に入れられ道路に捨てられていたそうです。「6歳と11カ月という短い猫生だったけど、幸せだったといいな」と、出会った子猫の頃や大きく成長したはなちゃんの写真も投稿していて、とても幸せそうなやさしい表情のはなちゃんを見ることができます。


この夏体験した お化け 漫画 猫 姪っ子 見える 亡くなった 心霊現象 救われた まだ小さい頃のはなちゃん

この夏体験した お化け 漫画 猫 姪っ子 見える 亡くなった 心霊現象 救われた かわいい

この夏体験した お化け 漫画 猫 姪っ子 見える 亡くなった 心霊現象 救われた 若菜さんに保護され、無事に大きくなったはなちゃん

この夏体験した お化け 漫画 猫 姪っ子 見える 亡くなった 心霊現象 救われた とっても幸せそうな表情です

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた