ニュース
» 2019年09月12日 16時15分 公開

電子書籍で“回し読み”サービス!? ハイブリッド型総合書店「honto」で実証実験スタート

もし友達がその本を購入したら、ポイントが入るそうです。

[黒田順一郎,ねとらぼ]

 大日本印刷が、丸善ジュンク堂書店および文教堂、トゥ・ディファクトと共同で運営しているハイブリッド型総合書店「honto」の電子書籍ストアで「honto電子書籍回し読み」サービスの実証実験が開始されました。なお、本サービスの仕組みは特許出願中だそうです。

honto電子書籍回し読み「お友達と『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』を読もう!」キャンペーン honto電子書籍回し読み「お友達と『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』を読もう!」キャンペーン

 「honto電子書籍回し読み」サービスでは、現在、東洋経済新報社『AI vs.教科書が読めない子どもたち』を使った実証実験を行っています。サービスの流れは、以下となります。

 まず、期間中にAさんが有料電子版の『AI vs.教科書が読めない子どもたち』をhontoの特設ページ経由で購入。するとAさんに購入した本のURLがhontoから通知されるので、Aさんはそれを元にhontoのアフィリエイト機能を利用しながら「紹介用URL」を生成します。このURLをSNS等を使って友達や知人、フォロワー等に発信すると、それを見た人はをこの本を0円で購入できるようになります。

 このようにして購入した無料試読版は、購入日から7日間、全てのページが閲覧可能です。さらに、誰か無料試読版がその作品を気に入りデータを購入した人がいたら、Aさんにアフィリエイトの成果報酬として1冊あたり300円分のhontoポイントが送られます。

 今回の実証実験では、9月20日まで無料試読版が購入可能となっており、そこでいったんの区切りとなります。本サービスの狙いはユーザー間のコミュニケーションの活性化や口コミ効果による電子書籍の利用増であり、期間中に一定の効果が得られれば、「honto」は各出版社に対して同様のキャンペーンの実施を働きかけていくそうです。逆にもし効果が得られなければサービスが立ち消えになってしまうかもしれないとのことなので、興味を持った方はまず、hontoの特設ページにアクセスしてみてはどうでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」