コラム
» 2019年10月07日 12時00分 公開

【漫画】完全無痛分娩で出産したら、無痛どころかめちゃくちゃ痛かった話(2/2 ページ)

[直江あき,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       


 けれども、無痛分娩には、事前に分娩日を決めて分娩誘発を計画的に行う「計画分娩」の方法と、「自然陣発」を待ってから麻酔を入れる方法があり、私が選んだ病院は後者を推奨。しかも「実際に陣痛が来ても子宮口が3センチ以上開かなければ麻酔は入れられない」ということでした。

 結局、子宮口が3センチまで開いたのは、陣痛が始まってから6時間以上たってからのこと。無痛分娩だからと余裕をかまして夫を家に帰してしまっていたので、寝ている彼とも連絡が取れず、陣痛を一人で耐えるハメに。

 こんなことなら「計画分娩」にしておけばよかったと後悔しましたが、仮にそちらを選んでいたとしても予定日前日に子宮口が開いていなければ、あらかじめ子宮口を広げる処置が必要になります。経験者に聞いたところ、器具を使った前処置はとても痛く、2日以上要する場合もあるそうです。どちらのやり方で無痛分娩でも、痛いときは痛いのか……。



 私のときは麻酔が効いてくれたのですが、麻酔が全然効かない人もいるとか。「無痛分娩という名前に反してめちゃくちゃ痛かった!」という気持ちもありますが、そういったケースと比べると「痛みの少ない無痛分娩」だったのかもしれません。

 結局、子どもが生まれたのは陣痛が始まってから24時間後で「これが無痛分娩じゃなかったら一体どうなっていたことやら……」と考えてしまうところもあります。

 なお、子宮口が開かなかった場合の話は上述しましたが、反対に、出産予定日よりも前に子宮口が開き過ぎてしまうと「切迫早産」といって絶対安静にしなければなりません。子どもを産むのは命懸けなんだな……と痛感させられました。

直江あき

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」