ニュース
» 2019年09月13日 21時00分 公開

スポーツチームの応援Tシャツを自作した小学生がからかわれる→教師の投稿が公式に届いてグッズ化、収益をいじめ防止へ寄付

教師からの相談で大学が動いた。

[関口雄太,ねとらぼ]

 大学スポーツチームを応援する「カレッジ・カラーズ・デイ」に参加した米フロリダ州のある小学校で、1人の少年がテネシー大学を応援する自作Tシャツを着たところ、同級生からからかわれるという悲惨な結果に。教師からの相談を聞きつけた同大学は、少年と同級生たちに公式ファングッズを送り、さらにはからかわれた自作Tシャツを公式アイテムとして販売するという心温まる展開になりました。


スポーツチームの応援Tシャツを自作した少年がからかわれるも 公式グッズ化され収益がいじめ防止寄付へ 自作の「UT」シャツ(画像はFacebookより)

 この出来事をFacebookで報告したのは、小学校の教師を務めるローラ・スナイダーさん。彼女によると、一人の生徒がテネシー大学のアメリカンフットボールチーム「テネシー・ヴォランティアーズ・フットボール(通称Vols)」を応援しようとしていました。しかし少年はVolsの公式グッズを持っていなかったようで、自作デザインのTシャツを作り、「カレッジ・カラーズ・デイ」に参加しました。ペンで手書きした自作ロゴとその紙をピン留めするという手作り感があふれるTシャツです。


 自作したTシャツに意気揚々とする生徒の姿を見て、スナイダーさんは感動しました。しかし他の生徒たちからの反応は厳しいものでした。昼食の時間になると、隣の席の子たちから、デザインや手書きのロゴをからかわれたのです。少年はランチタイムが終わると、机に突っ伏し、頭をかかえて泣いていたといいます。悲しい体験をした生徒の姿を見たスナイダーさんは、何かできることはないかとFacebookのコミュニティで相談を持ちかけました。すると、投稿した相談内容が口コミで広がり、すぐにテネシー大学に届いたのです。


スポーツチームの応援Tシャツを自作した少年がからかわれるも 公式グッズ化され収益がいじめ防止寄付へ 贈られたファングッズ(画像はFacebookより)

スポーツチームの応援Tシャツを自作した少年がからかわれるも 公式グッズ化され収益がいじめ防止寄付へ 公式グッズとして販売(画像はVOL SHOPより)

 スナイダーさんの投稿を見たテネシー大学の対応は、少年を励ますだけでなく、クラスメイトたちも喜ぶものでした。少年とクラスメイトそれぞれに、テネシー大学オリジナルの帽子やバッグなど、たくさんのファングッズが届いたのです。

 また、公式グッズを取り扱う「VolShop」では、カレッジ・カラーズ・デイのTシャツとして、少年の描いたロゴを採用し公式グッズとして販売することを決定しました。売上は青少年のいじめ防止に取り組む「STOMP Out Bullying」に寄付されます。

 リアルタイムで状況を更新するスナイダーさんの投稿にはシェア1万件、コメント5000件を超える反響が寄せられ、「すてきな先生だ」「このようないじめがすぐになくなってほしい」など、スナイダーさんの対応に賛同する意見が多数寄せられました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響