ニュース
» 2019年09月14日 09時00分 公開

「相鉄・東急直通線」建設中の羽沢トンネルに潜入 シールドマシン最後部付近まで行ってみた【写真33枚】 (1/3)

デケー、広ぇー、迫力スゲー!

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 横浜市西部および神奈川県央部と東京都心部がとても近くなる大型の鉄道事業「神奈川東部方面線」の工事が進められています。1つは2019年11月30日に開業する「相鉄・JR直通線」(関連記事)。もう1つは相模鉄道線と東急電鉄東横・目黒線がつながる「相鉄・東急直通線」です。こちらは2022年度下期に開通予定です。

 今回は2019年9月現在鋭意工事中である相鉄・東急直通線「羽沢トンネル」の内部を見学! 整備主体である鉄道・運輸機構が開催した横浜市内の小学生のみんな向けイベントに同行するかたちで、地下とトンネル、潜入大好きなねとらぼもみんなと一緒に参加してきました。

羽沢トンネル 建設中の羽沢トンネルに潜入! すごい迫力ぅぅぅ……!

(はじめに)よい子のみんな向け講座「トンネルはなぜ丸いの?」

 羽沢トンネル(の大部分)はシールド工法と呼ばれる工法で掘られています。円柱のオバケのようなマシンで円形の掘削ドリルをぐるぐる回しながら前に進むことで円形(倒した円柱のよう)にトンネルができていきます。

 羽沢トンネルの工事で使われるシールドマシンは直径10.5メートル、重量1600トン。「ゾウで換算すると約400頭分の重さです」(鉄道・運輸機構スタッフ)。……なかなか想像しにくいかもしれませんが、つまりはこのシールドマシンが通れば、直径約10メートルのトンネルがズドーンとできていくということですね。

羽沢トンネル 羽沢トンネルの大部分はシールドマシンという巨大マシンで掘削を進めている

 ではなぜ丸がいいのでしょう。ペットボトルと紙をトンネルに見立てて、トンネルの形によって強度がどう違うかを確かめてみましょう。トンネルが四角だと、砂の重さでつぶれてしまいます。でも、丸い形ならば大丈夫です。重さの力が壁面の1箇所でなく均等に掛かるので耐えられるのです。

羽沢トンネル (よい子の実験)ペットボトルと紙、砂を使って、トンネルの形状による強度の違いを確かめます
羽沢トンネル 紙でトンネルを作り、砂を入れる
羽沢トンネル 四角いトンネルと円形のトンネルでいざ実験
羽沢トンネル 四角いトンネルは崩れてしまったが……
羽沢トンネル 円形のトンネルは支えを抜いても崩れずに耐えた
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.