ニュース
» 2019年09月14日 23時17分 公開

大手漫画海賊版サイト「星のロミ」を出版4社が提訴と海外報道 サイトは消滅、閲覧不能に

「ポスト漫画村」最大手として急速に人気を伸ばしつつありました。

[ねとらぼ]

 大手漫画海賊版サイト「星のロミ」に対し、集英社、KADOKAWA、講談社、小学館の出版4社らが損害賠償を求めて提訴したと、海外ニュースサイトTorrentFreakが伝えています。9月14日22時現在、「星のロミ」はつながらない状態となっており、恐らく閉鎖したとみられています。


星のロミ 星のロミ(web.archive.orgより/現在はつながらない状態/モザイク加工は編集部によるもの)


 提訴先はニューヨーク南地区連邦地方裁判所。TorrentFreakが掲載している訴状のコピーによると、原告らは「星のロミ」が出版社に無断で9万3000冊以上の書籍を掲載しており、深刻な著作権侵害を行っていると指摘。サイトは日本語で運営されているものの、事業者は米国のサービスを使用していることから、米国での提訴に至ったようです。

 「星のロミ」は、「漫画村」の閉鎖後に現れた「漫画村」のクローンサイトの1つ。運営者は不明ですが、サイトの見た目やインタフェースなどはほぼ「漫画村」をそのままトレースしており、急速に利用者を増やしつつありました。また、公式Twitterアカウントもありましたが、こちらも現在は削除されています。


星のロミ 訴状のコピー(TorrentFreakより)

星のロミ サイトは現在つながらない状態

星のロミ Twitterアカウントも削除されています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.